FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
2週間ほど前に、このブログの連絡先になっているメールでトラブルがあり、データ全消滅の危機だということをお伝えしましたが、その後の状況です。

とりあえず、メールは復活しました。
データも全消滅の危機は回避されました。
しかし、9月分はメールデータがありません。
もし9月に当ブログのメールフォームからメッセージをくださった方がいらっしゃいましたら、届いておりません。
メールアドレスをご存知の方も、9月に送られたメールは届いておりません。
大事な内容がありましたら、再送されるか、保存の会のメールにお送りください。

9月は茶話会がありましたので、その関係のメールをいただいた可能性があるのですが、すみません。
そもそも、忙しさにかまけてメールをしばらく開いていなかったのが問題で、メッセージチェックも怠っていたことになります。
いろいろと申し訳ありません。

現在は問題なくメールのやり取りができるようですので、従来通りメールフォームからのメッセージを受け取ることができます。
改めてよろしくお願いいたします。
関西方面に行っていたメンバーは、昨日10月8日(月)は、京都府亀岡市で聞き取りの後、静岡市に戦争関係の品である毛布をいただきに行っていました。

亀岡市での聞き取りは、引揚げ孤児の方でしたが、アルバムなどを見ながら、9:30~16:00の長丁場となったようです。
内容についてはまだ情報がないので、報告待ちです。

それから静岡に移動して毛布をいただくのが18:30ごろ。対応してくださった方、ありがとうございます。
お父さんが戦死した時に遺族家庭にお見舞いとして配布されたものとのことです。
それについては、保存の会公式twitterにつぶやきが上がっていますので、そちらを転載します。

◆◆◆

10月9日 4:37

海軍の毛布が保存会に寄贈されました😇⚓️
今も普通に使えそうなくらい保存状態がよくてビックリ‼️🤪(デカい!重い!)
寄贈下さったのは遺児の方(昭和20年8月に中国で父親が戦病死)。戦後配られたそうです。なぜ海軍のものは不明。生活苦の遺族向けに放出されたもの❓🤔海軍時代の記名があります

毛布 毛布細部
関西方面に聞き取りに行ったメンバーから、10月7日(日)の聞き取りの様子と共に、写真が送られてきました。
鉄塔の上にいるのはコウノトリ。豊岡らしい光景だそうです。

コウノトリ

聞き取りの内容としては、保存の会公式twitterにつぶやかれているものがメールにも来ていました。
twitterより転載します。

◆◆◆

2018.10.7 2:59
昭和20年に18歳で入隊した志願兵の話を聞いた。昭和14年に亡くなった母が、男の子を5人も産んだのに1人も兵隊に行かないと病床で嘆くので、よし俺が行ってやると約束したまま志願したらしい。その頃には次兄は2回目の兵役、写真の三男はニューギニアで戦死しているのだが。。

◆◆◆

自分にまかせておけ、という気持ちのまま志願したものの、視力で少飛は落ちて、三菱造船で徴用。爆発事故で大火傷。しかしなおるやいなや陸軍への志願。本土決戦要員で宮嵜で爆雷訓練。
軍隊で食べていくつもりで頑張っていたので、敗戦は人生設計が狂ってショックだったということです。

いろいろな意味で、軍隊に翻弄されたといえそうです。
福知山

昨日10月6日(土)、午後に関西方面に向けて出発したメンバーから、福知山駅まで到着した連絡が届きました。
台風襲来で列車の路線は軒並み赤や黄色で彩られていたものの、本人は特段影響を受けずに到着したとのこと。

この辺が地元に近いメンバーなので、よく知っているはずの場所なのですが、田舎だったイメージからだいぶ変わっていて驚いたということです。
離れて長い時間が経つとそういうものなのでしょう。
そして、こういう機会でもなければ帰らないのが、地元の近くの場所なのも、あるあるです。

本日10月7日(日)、福知山で聞き取りです。
首都圏近郊での聞き取りの予定です。
この間から状況が変わりました。
体験者の方がけがをされたりという状況なので、今後が心配です。

〇10月7日(日)の最初予定されていた聞き取り  延期

〇10月7日(日)午後1時半~
横浜市都筑区 最寄り駅:センター南
93歳?
大連の学校を卒業
昭和20年4月1日 ハイラルの独立681部隊に入隊。
ソ連侵攻時は、隊長は朝鮮人の兵隊の入隊式でハイラルに。
兵隊だけで興安嶺の山中に、無印の飛行機に機銃掃射を受けたが、日本の飛行機に馬鹿にされたと思っていた。戦闘は経験していない。
砂漠の中に抑留、2ヶ月で55キロから38キロになり死を覚悟したが診察ではねられて米のかゆを与えられクラスノヤルスクに移動。
ここはもう階級章が外されていて食事も作業も平等だったので快復した。
3年間の抑留を経て復員。

〇10月13日(土)午後14時半~
世田谷区成城
満州で学徒動員、東寧で寮生活をおくり農耕作業に当たっていた所に、ソ連侵攻。
先生1名と同級生で逃避行、新京の知人宅に逃げ込める。その後家族と合流。

〇10月21日(日) の聞き取り 延期