FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
青森県で編成された陸軍師団です。

◎弘前(編成地は全て弘前)
※青森県、岩手県、秋田県、山形県に本籍を持つ方々が、ここで編成される師団の所属となりました。

◆第8師団
通称号:杉
終戦時の所在地:モンタルパン(フィリピン・ルソン島)

◆第36師団
通称号:雪
終戦時の所在地:サルミ(ニューギニア西部)

◆第47師団
通称号:弾
終戦時の所在地:済南(華北)

◆第57師団
通称号:奥
終戦時の所在地:福岡(福岡県福岡市)

◆第69師団
通称号:勝
終戦時の所在地:嘉定(中国・上海)

◆第107師団
通称号:凪
終戦時の所在地:索倫(内蒙古)

◆第108師団
通称号:祐
終戦時の所在地:錦県(満州)

◆第157師団
通称号:護弘
終戦時の所在地:三本木(青森県十和田市)

◆第222師団
通称号:八甲
終戦時の所在地:水沢東地方(岩手県奥州市)

◆第308師団
通称号:岩木
終戦時の所在地:野辺地(青森県野辺地町)
北海道チームは、初日の8月20日に戦友会にお邪魔することになっています。
一木支隊の戦友会です。

一木支隊というのは、陸軍第7師団歩兵第28連隊を基幹にして編成されていました。(歩兵第28連隊=「通称号」の例として挙げた「熊9208」です。)連隊長は一木清直大佐。隊員約2400名。
本来ミッドウェー島攻略のために特別編成された隊でしたが、ミッドウェー海戦が失敗に終わったため、ガダルカナル島の攻略に向かうことになります。
そして、ガダルカナル島で敵部隊の真正面に突撃して全滅状態になり、支隊長も戦死。生き残った兵士たちも飢餓で苦しむことになりました。帰国できたのは、2400名中、120名ほどだったということです。

歩兵第28連隊は、最初の大隊が1899(明治32)年に編成された古い部隊で、幾度も大きな戦いに参加しています。
日露戦争、シベリア出兵、満州事変、日中戦争、ノモンハン事件等を経て、大戦を迎え、一木支隊が編成される、という経過をたどっています。
この隊の体験者の方からは、そういった戦闘の体験をうかがうこともあるかもしれません。


今後も、戦友会にお邪魔する予定が出てくれば、その隊についての簡単な情報をまとめていきたいと思います。
実際に聞き取りをする際には、より詳しく調べてから臨むことになります。
北海道で編成された陸軍師団です。

◎旭川(編成地は全て旭川)

◆第7師団
通称号:熊
終戦時の所在地:帯広
 
◆第71師団
通称号:命
終戦時の所在地:斗六(台湾)

◆第77師団
通称号:稔
終戦時の所在地:加治木(鹿児島県加治木町)

◆第88師団
通称号:要
終戦時の所在地:豊原(樺太)

◆第89師団
通称号:摧 
終戦時の所在地:択捉島(千島列島)

◆第91師団
通称号:先
終戦時の所在地:占守島(千島列島)

◆第115師団
通称号:北
終戦時の所在地:エン城(華北)

◆第147師団
通称号:護北
終戦時の所在地:舞鶴

※歩兵第89連隊:ハルビン(満州)で編成された第24師団に、旭川の歩兵第89連隊が組み込まれ、沖縄戦で全滅。
各地の師団(地図)

ホットライン準備中のある日、「全国の師団一覧のようなものをブログに載せるのはどうでしょう?」という話をしていたところ、保存の会の元祖メンバーが、「そういえば、昔そんな地図を作った」と一言。
その辺をがさごそとやって、発掘されたのがこれです。
いろいろな歴史文献を参考に、がんばって作ったものの、いつの間にか忘れ去られていたのだとか。全国キャラバン隊のおかげで、日の目をみることができました。

枠の中の都道府県:師団の編成地
各師団の右の地名:その師団が最終的にいた場所

もとはA3サイズですので、スキャンしてブログにアップできるサイズまでサイズを落とすと、文字が見づらくなります。(もとのデータも、探せばあるはず、とのことですが)
今後すこしずつ、この地図の中身を、地域ごとにまとめていこうと思います。

特に陸軍の場合、個人の本籍地を元に師団を編成していますので、復員後故郷に帰られた方は、師団の編成地にいらっしゃることが多いと考えられます。
首都圏での取材では、各地の師団の方にはなかなか出会えません。そういった、ふだんお会いできない地方の師団の方のお話をうかがうことが、全国キャラバン隊の大きな目的の一つです。
また、できれば、各師団の本部跡地にも立ち寄ろうと考えています。

皆様の地元にはどんな師団があったのか、この機会に調べてみられませんか?
キャラバンの予定が立った時点で、「この師団の方を探しています」と呼びかけることもあるかもしれませんので、よろしくお願いいたします。