FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
今日から8月です。
昨年ほどではありませんが、節電するようにというお達しがあり、携帯電話にも「○時に電力使用率が90%に達しました」というお知らせが届きます。
それで電気を消さなければ、というのが、なんだか灯火管制のような気分になる辺り、戦争体験が身近すぎる日々だなと思います。
これはかなりの少数派であるとしても。8月が来ると「戦後○年目の8月」と考えるのは、やはり少数派なのでしょうか。

今年は特に、オリンピック開催中で、この夏の世間の関心はだいぶそちらに向いていることでしょう。
これまでも4年に1度はこういう状況だったわけなので、今更言うことでもないかもしれません。
そして、それを考えると、広島と長崎がオリンピック開催地に立候補しようとしたのも少しはわかる気もします。
伝え残すことを続けるには、多くの人に目を向けてもらわなければならないのだろうから。
8月というのは、「せめてこの時期は」戦争を振り返ろうという時期になっている気がします。

しかし、むしろ戦争を経験された方々にとって、8月だけが特別なわけではないのだろうと思います。
戦後67年。それより以前に、兵役を経験されたり、身内の方を戦場で亡くされたりした方々もあるでしょう。
その年月は、どれほど意識に上るかは人それぞれながら、ずっと「戦争体験者」としての年月だったのだと思います。
それも、忘れてはいけないことだろうと思いつつ。8月、特にその思いが伝わることを願います。

戦場体験史料館は今日は閉館日ですが、今日も誰かが作業を続けていたのではないでしょうか。
保存の会は、4年に1度の一大イベントよりも、いつでも戦場体験とともにあります。テレビはつけているかもしれませんが。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/993-03e297fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック