FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
2011年のキャラバンも大詰めを迎えつつあるこのごろですが、2010年のキャラバンの概要がまだときどき出てきます。
2010年9月5日(日)午後、信州北陸チームが最後にお話を伺った方の証言概要です。

◆◆◆

◎鷹雄公任さん
1918(大正7)年3月8日生まれ
本籍地 新潟県

○1937(昭和12)年3月 新潟師範学校卒業
○1937(昭和12)年4月 国民学校教員
 
●1938(昭和13)年 現役
 甲種合格、横須賀海兵団入団
 半年の訓練で除隊(師範短現)

○1939(昭和14)年 長岡女子師範学校教員など
 初等教育の専門家として認められラジオで公開授業を持っていた。
 付属国民学校の生徒を指導して長岡出身の山本五十六元帥に慰問文を送ったところ直筆の礼状(巻物)が届いた。
 
●1943(昭和18)年4月29日 召集令状
●1943(昭和18)年5月5日 舞鶴海兵団入団
●1943(昭和18)年5月11日 三重海軍航空隊
 予科練の普通学教官となる。
 舞鶴海兵団管区の各県から1名ずつ教官要員として召集されていた。
 鷹雄さんはすでに公開授業などで有名になっており、その腕をかわれて選ばれた。
 在籍中海軍予備学生を志願したが、教官をやってもらう方が大事だと、許可にならなかった。
 
●1944(昭和19)年5月 上海海軍陸戦隊に転属
 吉林丸に上船、6月7日上海入港
 第6海防艦、第9海防艦に乗船
●1944(昭和19)年9月10日
 B25、P51の激しい銃爆撃を受け、多くの死者が出る。
 死者は国旗に包んでの水葬が本来だが数が多く、手足を持ってそのまま水中に放り込まれた。 

●1944(昭和19)年10月 舞鶴海兵団に転属命令
  10月17日神戸港入港
○1944(昭和19)年11月1~5日 休暇
 家がお寺なので、この間に京都に宿泊し本山を参り、銃剣をつけた軍装のまま試験を受け僧侶になった。
●1944(昭和19)年11月10日 新潟の海軍人事部に
●1945(昭和20)年8月1日 長岡空襲
●1945(昭和20)年8月15日 敗戦
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/695-5ee8e705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック