FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
北部九州キャラバンは、昨夜日付が変わる直前に家まで帰りつきました。
現地で聞き取りが入ったりなくなったり入ったりで、最初の予定とはだいぶ違う結果になりました。というより、旅立つ前に、聞き取りのめどがほとんど立たないままなのはよくないと、つくづく思いました。

今回、地元のイベントに合わせて友達に会うのと帰省とがメインだったのですが、バスも通っていないような実家を拠点に動くのは、かなり困難でした。親に無理を言った面も多くなり、知らない土地に行くより気が重いこともありました。さすがに、知らない土地でビデオカメラをどこかに置き去りにするということはないですし。
友達もだいぶ振り回しましたが、合流していたために直接相談して聞き取りを入れることができたのも確かです。友達には申し訳なく思うと同時に、協力に大変感謝しています。佐賀市内にいっしょに宿泊していたときに入ったお店が、安いうまい感じがよいの3拍子そろっていたのは、救いというのか、とてもよかったと思いますが。

どうせ遠方に行く用事があるならついでに聞き取りを、という心掛けは悪くないと思うのですが、やっぱりキャラバンは聞き取りのための旅として行くのがよいと思いました。夏の福島キャラバンから「百人展」が入ったとはいっても、もう少し事前に体験者の方の情報を集めて連絡をとっておくべきでした。反省することしきりです。
なんだかんだで、結果的には、ほとんど戦場体験中心になった帰省でした。祖父の軍歴票を貰いに行ったとき県庁で伝えたとおり、家族の歴史をまとめるというのも課題としてありますので、帰省の方もまたちゃんとやって、親の話を聞く機会ももたなければと思います。
と言いつつ、やっぱり次の帰省のときも、せっかくだから、等と言いながら、隙を見て聞き取りや体験者の方の情報集めに走りそうです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/686-0bcc0842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック