FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「元兵士・戦場体験・百人展」の総括の中で、展示のメインとなるのは、文字になった証言ですが、そこに書かれた内容をもっと正確にイメージしやすい素材があった方がよいのでは?という意見が出ました。

当日、実際にイメージを助ける素材はありました。
シベリア抑留については、中島さんの絵があり、おざわゆきさんのマンガ「凍りの掌」の原画展も同時開催されていたため、そのときの状況を目で見て捉える事ができました。これについては、お客さんとして来られていた大学教員の方からも好評でした。
また、ニューギニアの証言の中に、トル川の写真を貼りこんだものがありました。その証言を担当したメンバーが探して掲載許可をとり、文章の間に挿入してパネルを編集していたものです。写真は現在のものですが、その場所がどういう場所なのか、川の大きさや流れの状態、ジャングルの深さ等がわかると、その行軍の状況がかなりわかりやすくなります。

今回、まず証言をまとめることで手いっぱいだったため、そういった素材を探すところまではいけなかったという面もありますが、今後の展開の中で集めていくことになりました。
慰霊や収骨の旅で現地を訪れる方と連絡をとり、お互い協力し合って旅や展示をより充実したものとしていければ理想的です。
デジタルアーカイブの構築にも活かしていきます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/666-3c6bdd52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック