FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
田所事務局次長による「元兵士・戦場体験・百人展」総括がびしっと決まったところで、非常に僭越ながら、ブログ係の個人的な「百人展」総括を述べさせていただきます。総括というより、感想・反省です。

ブログ係は、「百人展」パネルとしては、お2人分担当しました。開催中にこっそり3人目を作ろうかと思ったのですが、できませんでした。
聞き取りから帰ってすぐにまとめれば、記憶も新しくてその分時間もかからないだろうに、なかなか実行できないもので。イベント前の苦労というのは、つまりそういう日ごろどうやっているかの結果なのだということを痛感しました。毎回聞き取りをしたら証言概要を上げるところまで完結させていくことが大事だなと、改めて思います。
ただ、展示用パネルについては、全体のバランスでそれぞれの方のどの部分を重点的に取り上げるかが決まるので、日ごろから作っておくというのは難しいと思います。
今回のパネルは、もちろん今後もずっと活用できるものですが、イベントのテーマによっては、同じ方の証言でももっと違う部分を加えるといったこともあり得るのではないでしょうか。
その場合、証言の一部だけを切り取るということの「危険性」も意識することが必要で、やはりできる限り証言の全体が記録された映像本体とセットにするべきなのだろうと、個人的には思います。

イベント期間中は、初日を除いて、ちょっとぐらいは顔を出したので、その辺は少しは貢献できたでしょうか。
大きな声では言えませんが、職場の理解あっての部分もありました。こっそり感謝しておきます。

戦争を扱ったイベントに対してこういうのはどうかと思いつつ・・・「百人展」、楽しかったです。
おそらくは、自分がそれを創ることに関わった故の感覚なのだと思います。
もっといえば、「百人展」や将来のアーカイブ化を意識していると、他の戦争展に行くときも表現の仕方等に目がいくようになっていて、そういうことも楽しいです。
たくさんの方の証言を伺ううちに、あの大戦という過去の一大事件の全貌が見えてくるような感覚。そして、それを未来にどう伝えるのかを探す感覚。それがイベントの場で一つの形を成していくのを、そこに関わって身をもって感じるということが、この「楽しい」の正体なのではないかという気がします。

イベントの準備・運営を行った保存の会のメンバーはもちろんですが、会場に来られた方々それぞれの参加によって、「百人展」というものができあがりました。
何を得られたのかは、それぞれだと思いますが、あの空間をいっしょに創ったのだという喜びをいくらか感じていただけていたらいいな、と思います。

あまりにも個人的な感想を述べ過ぎました。すみません。
「百人展」に参加された皆様、故人となられた方含めて証言をしてくださった体験者の方々に、改めて感謝いたします。ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/649-c2b6354c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック