FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「元兵士・戦場体験・百人展」と同時開催されていた、おざわゆきさんのシベリア抑留マンガ「凍りの掌」原画展も、本日で終了しました。

かわいいタッチの絵でシベリア抑留の厳しい状況が描かれているのですが、それだけに状況がまっすぐ伝わってくるのです。見やすくて入って行きやすかった、という感想を、こちらでもよく耳にしました。
おざわさんがお父さんに体験を話してほしいと語りかけられる形で入っていくのですが、全体にお父さんへの思いのようなものが漂っているかんじがしました。
会場には、他の方のシベリア抑留をテーマにした作品も1コーナー使って並べられていましたが、作品には、描き手の立ち位置といったものもなんとなく感じられるものなのだなという気がします。
そちらの会場は撮影不可だったため、写真で展示の様子を伝えることはできません。そこは、目に訴える描写ができません。なんだか、ちょっとオチがついているようなかんじもしますが。

「百人展」の方でも、シベリア抑留体験者中島さんの絵と解説はやはり好評でした。
言葉だけではもしかして違うものをイメージしているかもしれないけれど、その内容が絵になっていると、「ああ、これか」と腑に落ちる、といった感想もありました。

証言映像は、体験者の方ご本人がお話されている映像です。ご本人の表情、ときどき訪れる沈黙等そのものが、戦争を感じさせる無言の語りとなっているともいえます。
ただ、具体的に場所や物等の状況を伝えるものではないのは確かです。そのため、資料や写真を補助的に使ったり、体験者の方が所持品を見せてくださったり、ということで補完することがよくあります。

今後、亡くなった体験者の方からご寄贈いただいた戦場の絵を、同じ戦地の体験者の方の講演の際等に活用していただくことができないだろうか、ということを、一部メンバーの間で考えました。
もちろん体験者の方が、その絵がご自身の体験そのままだと感じられれば、ということになりますが。体験者の方どうしで力を合わせて継承していただくという可能性を考えています。
何かを残して亡くなられた体験者の方と、今も直接お話いただける体験者の方との共演。それは、今だからこそできる伝え方の1つだと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/644-81092e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック