FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「元兵士・戦場体験・百人展」の写真です。
壁いっぱいに張り巡らせた、戦場体験パネルの数々。コーナーごとに、証言映像が見られるモニター。









上映会場の一角に、軍装品の展示も行っていました。

「戦場体験史料館」というとき、想像されるのはこういうものなのではないかと思います。
実際の史料館は、民家の1室を使った、書斎のようなところです。「百人展」のようなスペースは一つの理想ではある、というのは、古くからのメンバーも感じたところだったようです。しかし、これを目指すのかというと、現実問題としては財政面、人員面ともに現実的ではないし、基本的には証言をできるだけたくさんそのままの形で集積するということが第一の目的なので、このパネルで完結というわけにはいかないという事情もあります。

今後も体験者の方がお元気なうちは、証言を収録することを最優先で活動していきますが、今回作成したパネルを持って各地でイベントを行うということも可能にはなりました。

インターネット上にデジタルアーカイブを作ることを目指していますが、今回の展示を通して、「全国どこにでも持ち運べる史料館」というのは、ある意味実現しているのかもしれません。

また改めてイベントを振り返って今後の方向性を話し合うという機会も持つことになります。
そうした動きもお知らせしていきますので、今後の戦場体験放映保存の会の活動にも、ぜひご注目ください。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/643-0805d634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック