FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
昨日は、特に定期収録会でもイベントでもないのに、戦場体験史料館がにぎやかでした。

全国キャラバンホットラインを機会に初めて史料館にご来館された方が、その日いらっしゃった体験者の方のお話をもっと聞きたい、ということだったので、「どうぞ史料館を使ってください」と、場所提供。
それがメーリングリストに流れると、ぞくぞくとギャラリーが集まってきました。いつものメンバーから、これからボランティアに参加?という方まで。年齢層も、いつもより幅広い模様。
大戦時10代前半で、ギリギリ兵隊にならなかった年代の方々がいらっしゃったので、当時の世相は勉強するよりわかっている、というかんじで質問が飛び交います。
基本的には、今回は、最初お話を聞きたいとおっしゃった方が中心で、周りは思い思いにメモを取りながら便乗して聞いている、という形でした。せっかくだから、ということで、カメラも回したため、自然発生的収録会の様相になりました。

聞き取りの中心がボランティアスタッフではないため、聞き手の関心がいつもより強く表れているかんじがありました。お話の中身は、以前の聞き取りとだいたい同じでしたが、やはり新しいエピソードも出てきました。
個人的関心で繰り返し聞き取りにうかがっているメンバーの場合も、こんなかんじなのかもしれません。
史料館のお客様の個人的関心によるものとはいっても、一応、戦場体験放映保存の会を通してのことなので、体験者の方との信頼関係を考えて少々ハラハラドキドキなこともあります。それでも、こういった自然発生的聞き取りができるのは、喜ばしいことだと言えるでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/63-5dc7411e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック