FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。

福島キャラバン8月28日(日)、白河市表郷で聞き取りを行った1班は、先ほど2名の方の取材を終えて帰路に着きました。
6月の「表郷戦争回顧展」でお会いした方々との再会でもありました。戦争展の実行委員緑川さんにご案内いただき、細い道を通ると、ビニールシートをかけた家も目立ちました。

しかし、緑川さんも体験者の方も、震災はもちろん大変だけど、戦争を語り継ぐことも続けることが大切、とおっしゃいます。
昨日は復興イベントをやったばかりだそうですが、今日は夕方から戦争映画の上映イベントが開催されているとか。
地道な活動に頭が下がります。

午前中は、戦争後半の中国での体験。
両脚を弾丸が貫通し、野戦病院に入られた様子等を、立ってホワイトボードに板書しながら、身振り手振りを交えて話されました。小学校の授業にも入られているそうです。

お昼は今日も地元のおいしいラーメン屋さんへ。
チャーシュー2枚入った食べごたえのあるラーメンでした。

午後は、日中戦争初期の体験とその後の兵事係の体験。戦争を支えたしくみの一部が見えるお話でした。

また改めて、証言概要を書きます。

表郷の体験者の皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/608-50a86e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック