FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
元兵士会員の猪熊さんより、ご自身が監修され執筆陣に加わられている本の出版案内がありました。
保存の会のメーリングリストに詳しい内容を投稿されていましたので、そのまま転載させていただきます。

◆◆◆

猪熊得郎です
不戦兵士・市民の会の戦場体験記が本の泉社から出版されます。
平和を願う元兵士たちの遺言ともいうべきものです。

『 人を殺して
   死ねよとは 』

元兵士たちが語りつぐ軍隊・戦争の真実
         監 著 不戦兵士・市民の会代表理事 猪熊得郎

   戦友(とも)よ 生きているうちに語ろう。
   戦友(とも)よ 語らずに死ぬのは止めよう。
   戦友(とも)よ 語ってから死のう。

戦場体験を語り継ぐこと、それは加害と被害の戦争の真実を伝え遺すことです。
そして戦場体験は、非体験者に戦場のリアルな現実に対する想像力を喚起します。ー巻頭言より

目次

なぜ戦場体験を語り継がねばならないか       猪熊得郎
いまこそ懺悔する悪鬼の所業
ー中国東北部に転戦してー           安藤晧美
軍隊・敗戦・シベリア抑留
ー個人体験を社会体験にー           大江康治郎
第二次大戦末、争奪の島「硫黄島」戦記
ー私には「戦後」はまだ訪れていないー      大曲 寛
今伝えたいこと                  菊地定則
戦争は恐ろしいー私の八月十五日-         北原修造
私の軍隊・戦争体験とーいま思うこと        木村正夫
回天隊員募集の実情                神津尚次
虚構の死生観                   古賀保夫
地獄の戦場から生還し               小島清文
若者が南の空に消えていった            呉東武彦
最大の戦争被害者は女と子ども           小林 仁
侵略の先兵、棄てられた兵士、そして天皇制
 ー元兵士が語る戦争責任ー            近藤 一
私の戦争体験
 ー長門・雪風・伊号四百潜            斉藤一好
十五年戦争と私                  坂入浩一
「みな殺す必要あり」と言われて           汐崎淑子
天皇に殉じた一人の青年              鈴木智博
陸士、陸幼の神がかり教育             田中時久
鎮魂かつ悔悟の記録
ー戦争の恐ろしさを綴った「痛恨のルソン」からー   長井 清
対戦車肉攻の寸前ー私の八月十五日ー        埜口幸次郎
楓の木のブランコ                 宮前鎮男
戦争が生んだ悪魔                 本原政雄
サイパン島(誌)                 山内武夫
少年兵の無念                   猪熊得郎       
           
                 A4四六判240ページ
定価 1500円
お求めは、本の泉社へFAXでご注文ください。
(株)本の泉社 〒113-0033 東京都文京区本郷2-25-6
tel 03-5800-8494
FAX 03-5800-5353
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/571-daafec9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック