FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
今年の祖父の命日は、たまたま必要があって「通信隊」について調べていました。
うちの祖父は「通信隊」ではなかったと思うのですが、通信兵でした。タイミングが合った偶然をおもしろいと思いながら、個人的にも通信兵に興味がわきました。

「通信隊」といっても、師団の下に入っている「通信連隊」もあれば、司令部付の通信隊もあるようで、なかなか複雑なものだと思いました。
うちの祖父の場合は、通信兵ですが戦闘もしていたようで、地元の人物名鑑のようなものに「射撃が得意で活躍した」ような記述がありました。実戦で敵を殺したことがあるという話も、母は聞いたことがあるようです。
父方の祖父なのですが、入院中よく話をしていたため、母もこの祖父の戦争の話を多少聞いたことがある模様。しかし、「天皇陛下に出す手紙等も書いていたそうだ」という、意味がよくわからない話もあります。母も戦後生まれなので、軍隊については知識がないため、詳細がわかりません。
母の話によると、祖父は生前、全国の通信兵仲間と連絡をとっていたのだそうです。通信兵のネットワークというのがどういうものなのか、大変気になるところです。

本来なら、こういった兵種のこと等に詳しくなければならないのかもしれませんが、戦場体験記録を本職とするわけではない素人ですので、今現在知らないものは仕方ないとあきらめて、これから勉強していこうと思っています。
当ブログでは、各地の師団や聞き取りのための知識等ぼちぼちまとめていますが、兵種の方面からもまとめてみようかと思い始めました。

そもそも、祖父が生きている間に話を聞いていれば、手っ取り早かったわけで、いろいろと悔やまれることばかりなのですが、周りを調べることから祖父の戦場体験を浮かび上がらせていけたら、と考えています。進展があれば、ブログ係の特権として、ここでつぶやいていく予定です。
もちろん、普段の聞き取りは、特に祖父に関係のありそうな方限定ということはまったくありません。普段の聞き取りは幅広く行いつつ、なんとなく1つテーマを持ってみるという方向です。
聞き取りのために勉強したことも、(どうまとめればいいのか、まだよくわかりませんが)公開していきたいと思います。同じく戦場体験の聞き取りをされている方等のお役に立つことがあれば幸いです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/509-8af6eb56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック