FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
今日の体験者の方

◎斉藤興次さん(1921(大正10)年生)

独立混成第8旅団(春)独立歩兵32大隊。
○1942年1月10日、入営。北支派遣独立混成第8旅団(通称第2982部隊)、歩兵、軽機。
河北省平郷県城に中隊移動。警備に討伐に日夜奮闘。(この地は、順徳・広末・威県を結ぶ重要な交通の要地)
数ヶ月間冀東作戦に参加。
万里の長城を西に東に戦闘。
○1943年、広宗県城に移動。河北・山東にまたがる広い地域の警備、討伐に参加。
○1944年冬、中共軍との散発的な戦闘。張家峡で後ろからわき腹に銃撃を受ける。負傷。
○1945年8月、終戦。国民党軍に武装解除。
・10月中旬、大屯高地周辺で共産軍の鉄道、通信戦の破壊活動が続く。
・11月3日、軍隊生活最後の思い出に演芸会を開く。演芸会当日、共産軍の激しい攻撃を受ける。
双方至近で手榴弾の投げ合い。この戦闘で、手榴弾の破片で目を負傷する。密雲の陸軍病院でピンセットで破片を抜く荒療治。復員まで入院。
・12月24日、復員。

※この日は同じ春師団の方が多数いらっしゃることになっています。ミニ戦友会開催です。

いつもよりぎっしりになりそうですが、他の師団・戦地の方、お話を聞きたい方もどうぞ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/41-b1523972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック