FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
昨日の会議のうち、WEB会議のシステム関連について少々まとめておきます。

あくまで目指すところは沖縄の体験者の方によるWEB茶話会。しかし、新型コロナの関連で、少なくとも夏以降でないと、保存の会メンバーが東京に行って配信するのは無理。
これは時期を改めるとして、6月23日前後の時期にはやはり何かしらやりたいので、プレイベントとして、証言映像を使った企画をやることを検討。
というのが、前提となります。

証言映像を一緒に見る企画となるので、まずはウェビナーで実際映像を流してみました。
使用したのは、昨年会場で流した女子学徒隊の証言。
→結果:声はだいたい途切れず通っているけれども、映像がかなりカクカクしており、臨場感がないレベル。

証言映像はyoutubeで再生して配信することを試みました。
→結果:シンプルなアニメ形式のもので、それはほぼ問題なく再生される。

動画の重さが関係する可能性があるため、証言映像で確認。一応、WEB公開している軽いもので、画質はかなり粗いです。
→結果:映像がほぼ止まっている状態に。音はだいたい大丈夫。人によっては途切れることもあり。

違う形で軽くした証言映像で確認(講師役のローカルから再生)。
→結果:多少カクカクするものの、だいぶマシ。参加者がカメラとマイクをミュートすればだいたい落ち着き、映像の乱れも許容範囲。

しかし、生配信でもないものを、この画質で見る意味があるのかという疑問が浮上。
プレイベントとしてこれをやったら、本イベントの期待値がむしろ下がりそう。
会議自体は、特に画面が乱れることもなく映っているのですが。

ということで、ウェビナーで講演できる人に頼んで、普通にWEB講演会をするほうがいいのでは、と提案。
そちらは、あまり当てがないということだったけれども、仕事でも使っていそうな人をピックアップ。
頼む余地があるのか、一応検討することになりました。
証言映像のほうは、わりとまともに移ったタイプのものから選びつつ、昨年使った映像は違った軽量化の仕方があるか試みることになりました。できることは多くないので、これから1週間ぐらいの間で、できるメンバーが挑戦。
一方、紙芝居の収録が進んでおり、それは映像も動きがないので、オンラインでやれるめどが立っています。
それらを総合して、来週6月7日(日)の夕方、もう一度ウェブナーで流してみて話し合い、6月27日(土)28日(日)のWEBイベントをどうするか決定します。この日程でのイベントを行うかどうか含めての検討です。
広報関連考えると、ここが決断の締め切りだろうということで、そうなりました。

夏以降も、沖縄からの配信が可能となるのかどうかはわかりません。
まあ、体験者の方のところから配信する前に、それなりに予行演習が必要だろうと思います。
週末WEB茶話会に関しては、さらに、体験者の方のところに行くメンバーが必ずしもウェブナーの扱いに長けているとは限らない(むしろほぼ躓くとみられる)ので、沖縄イベントがどうであれ、とにかく予行演習必須です。

明日から6月。イベント予定の日まであまり時間がありませんが、1週間後には何かしらの結論が出ているはずです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3992-e235341f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック