FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
本日5月30日(土)、5月拡大事務局会議を行いました。
WEB会議中心の開催、会場に足を運んだメンバーはいませんでした。
10名参加。3月4月には参加していなかったメンバーが2名増えました。ウェビナーのほうが参加しやすいということでしょうか。

まずはざっくりと、今年のイベント予定についておさらい。
鹿児島姶良の茶話会は8月30日(日)の1日のみ開催。29日(土)の午後準備。
富山は、8月2日(日)の、富山空襲を語り継ぐ会が例年やっている集いは開催予定。1日(土)の保存の会主催イベントは難しいと思われ、できればその日に聞き取りできるようお願いする方向で。
戦跡保存ネットワークの総会や立命館大学で予定されている平和資料館の国際会議は、特に連絡がなく状況不明。
東京での茶話会は、浅草公会堂の9月10月の抽選日が決まっていない。
聞き取りは順次再開する。広島連続講座関連の聞き取りも、調整がつく方から行う予定。

ということで、沖縄イベントについて。
6月中に沖縄に行くのは無理。沖縄でイベントは特に無理。
沖縄の方と話したかんじでは、夏ごろなら、という反応もあり。今話せる人が来年も話せるとは限らないので、今年話をする機会はほしい気持ちもあるようです。
ということで、時期を改めて沖縄からの中継メインのイベントを行うことにして、6月27日(土)、28日(日)にはプレイベントを、というのが事務局からの提案でした。
プレイベントは、証言映像を使うことを想定し、会議の中で実際に映像を流してみました。
結果、会場で流していた映像では重すぎて、映像が固まってしまう(声は聞こえる)ので、軽量化する必要があることが判明。
映像を流している間、WEB会議参加者のカメラやマイクをオフにすればそこそこ改善されるようですが、会議でお互いに話すのと映像を流すのとでは、だいぶ負荷が違うようでした。
しかし、それを流すとむしろ本イベントの期待度が下がりそうで、これをプレイベントで流すべきかは微妙です。
紙芝居は可能そうなのでそれは使いたいし、講演できる方がいらっしゃるならリモート講演はあり、ということで、そちらの道を検討。
証言映像軽量化など、改善を試みて、来週6月7日(日)に、改めて検討会を行い、どうするかを決めることになりました。

秋の東京での茶話会については、浅草公会堂が確保できたとしても、これまでのような茶話会はできないと思われます。
それなら、夏ごろから、週末リモート茶話会をやっていくほうがよいのでは、という考えもあるようです。
少なくとも1度は、体験者の方のところに2名ほどでお邪魔してそこからWEBでつないで茶話会を行うリモート茶話会を試みることになりそうです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3991-062046b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック