FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
昨日の日記は、書いていて涙がぼたぼた落ちて大変でした。書いている間に泣けてしまいまして。
こういう活動記録ブログとしては、あまりよくないのだろうと思いますが、3年ほど前から思っていることを少々。

私自身は、その3年ほど前まで祖父が健在だったにもかかわらず、戦争の話はほとんど聴いたことがありませんでした。比較的現代の戦争を知る人の話は聴きに行ったことがあります。戦場ジャーナリストや、海外の兵士だった人の講演等。
自分の祖父の話を聴くことはもちろん大事だろうけれども、今戦場にいる人の方が、今会っておかないと2度と会えなくなるかもしれないという感覚が強かったのです。逆にいえば、うちの祖父はまだ元気だろうと思っていたところがあったということです。
何度か入院して生死をさまよってもまた元気になっていましたし。
3年ほど前も、今度も大丈夫、と思っていました。しかし、今度は急変し、そのまま2度と話をすることはできなくなりました。

66年前、戦場で生死の境をさまよって生還してきた兵士たちが、再びそういう世界にさしかかりつつあるのだと、そのとき思いました。

このような考え方は、不謹慎なのかもしれませんが。けっこう危機感は覚えています。
一方で、体験者の方を前に、「お元気だなあ」としみじみびっくりすることが多いのも事実です。私より元気。実際、明日の命はわからないのは、誰しも同じであることはさておいても。
戦争中のお話を伺う一方で、今の武勇伝に驚かされる日々が、私はだいぶ好きであるようです。ある意味、癖になる、という感覚でしょうか。
・・・・・・また不適切な発言をしたような気がしますが、これで切り替えようと思います。もちろん、この世から去りゆかれた方のことは忘れることなく。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/395-dbc7943b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック