FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
当ブログ11年目がスタートしましたが、あんまり気合を入れすぎず、一昨日の続きからいきます。

3月29日(日)の拡大事務局会議での議題ともなりました、2020年度活動計画について、順番に詳細を見ていきます。
だいたいのところは、文章の形で、『戦場体験史料館つうしん』第28号でお伝えしています。

◆◆◆

① 戦場体験のインタビュー記録の収集
“見たまま・聞いたまま”のナマの語りによってあの戦場の実態を語り伝えるため、元兵士世代へのインタビューを映像で記録する。推計ではまだ全国に数万人以上の戦場体験者がお話を出来る健康状態でいると思われる。現状掘り起こしは容易ではないが、一人でも多くの体験を集めるべく最後まで証言記録の収集に注力する。

(4) 介護施設との連携
介護施設での聞き取りは数年来の重要課題だが軌道に乗っていない。

◆◆

2015年の日比谷証言集会第2部辺りからの着想で、介護施設での聞き取りに本格的に取り組むことを計画して5年目です。
戦後70年が75年になる今年に至るまで、難航しています。
明日になるとともに非常事態宣言というこの状況下、さらにこの方面を勧めるのは困難を極めることが予想されます。

会議では、ここに触れることもしていませんので、これまでの状況についてざっくり振り返ってみます。ブログ係の私見を含みます。
介護の現場は、やはり余裕がない、というのは間違いありません。
しかし、そうした中でも、お話を伺う機会を持とうとしているところはあります。
気持ちの持ちようだと言ってしまうのは酷ですので、どちらかというと、聞き手側が、そういう試みを行っているところについて学んでみることが必要かもしれません。

戦場体験の聞き取りが受け入れられない理由として、「辛いことだから思い出したくないでしょう」という、介護をする側の思い込みが挙げられます。
もちろん、そういう方も一定の割合でいらっしゃるとは思います。
一方で、辛かったからこそ話しておきたい方、これまで言えなかったことを言っておきたいという方、いやあれも青春だからむしろ思い出して語って聞かせたいという方など、実は語りたい方はけっこういらっしゃいます。(これまでお話を伺ってきたという事実があります)
ご本人が語りたいのであれば語れる環境であればいいなあと思うところです。

この辺は、なんとかして実績を積み重ねていくうちに、流れが変わるものなのか。
ともかくアプローチはいろいろと続けていく方向です。
新型コロナでどっちみち無理、な間に、方法を練っておきたいものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3938-2c534a2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック