FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
3月29日(日)の拡大事務局会議での議題ともなりました、2020年度活動計画について、順番に詳細を見ていきます。

◆◆◆

① 戦場体験のインタビュー記録の収集
“見たまま・聞いたまま”のナマの語りによってあの戦場の実態を語り伝えるため、元兵士世代へのインタビューを映像で記録する。推計ではまだ全国に数万人以上の戦場体験者がお話を出来る健康状態でいると思われる。現状掘り起こしは容易ではないが、一人でも多くの体験を集めるべく最後まで証言記録の収集に注力する。

(2) 他団体との連携
・茶話会への関係者の参加をきっかけに「富山空襲を語り継ぐ会」から証言記録の依頼があり、GW中の富山キャラバンや関東圏で10数名を収録する
・「ヒロシマ連続講座」から依頼のあった元兵士や被爆者の証言を記録する
・ 戦争にまつわる事業や活動にあたるが、記録活動は行っていない団体から、体験者を紹介される事例が増えており、広く対応したい

◆◆

①の(1)を具体化した内容です。
ゴールデンウイークに、富山キャラバンを予定しています。
富山空襲を語り継ぐ会の方々の取材です。
8月のイベントに先駆けて、お話を伺って証言を記録しつつ、今後の展開を考えることになります。
首都圏にも、語り継ぐ会の方が数名いらっしゃるということなので、併せて取材を行います。
新型コロナがどう影響するのか、まだ読めない状態ですが、体験者の方とお互いその辺も話をした上で、大丈夫な場合に伺います。
今のところ、語り継ぐ会の方々は、予定通りに進めたいとお考えのようですので、保存の会メンバー2名ほどで、富山に取材に行く予定にしています。

「ヒロシマ連続講座」からも、元兵士の方や被爆者の方をご紹介いただいています。
こちらも、体験者の方がOKの場合、できるだけ速やかに聞き取りに伺う方向です。
お互い、当日体調が悪い場合は迷わずキャンセルというのが前提です。

地方紙やミニコミ誌については、体験者の方を探すいつものルートです。
新聞記事などを検索して、戦争体験の記事を拾い、証言されている方に連絡をとることを試みます。
イベントを行うと、それが新聞に掲載されて、体験者の方の目に留まり、ご連絡いただくこともあります。
その方面も、制約はある中でも、なんとか働きかけていきたいところです。

以下、ブログ係が今思ったことです。
会議の時には話が出ませんでしたが、「ヒロシマ連続講座」自体の予定はどうなっているのでしょうか。
検索してみたところ、講座の動画があるようでした。
その辺、連続講座の運営のほうの方々とももう少し情報交換したい気がします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3934-4192bdec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック