FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
沖縄関連イベントの会場について、保存の会事務局に状況を確認すると言っていましたが、まだしていません。
新型コロナの拡大で、中止を決めるイベントも出てきているのを見ながら、もしかしたら複数のやり方を考えておくほうがいいのだろうか、と漠然と考えるのでした。

そのせいなのか、人が1カ所に集まらなくてもいい形やら、史料館・電子版の利用など、とりとめなく考えが浮かんでいます。
その1つが、ウォーキング支援アプリのようなものの、戦跡巡り版はどうだろう、というものです。
すでにあるのかどうか、検索してもよくわかりませんでした。
要は、観光地を回っている気分で日々の歩数を伸ばす誘因にするアプリです。ゲーム関連でもそういうのがあるようですし、目標達成によってポイントがたまるタイプのものもあるようです。
最近、そのポイントがたまるタイプのものを使ってみています。次の目的地まであと何歩、と出てきて、目的地(観光名所など)に着くとそこの写真が出てきて、1ポイントたまる形です。
そういうのと、戦跡巡りを組み合わせて、スタンプ帳のようなものができる形にして、そこから証言などへのリンクをつける、といったものができないものかな、と思いました。
が、楽しくはなさそうですね。
行軍、など想定すると、気が重くなります。
歩く誘因としては失敗です。

しかし、それこそ行軍の場合など、応用として、ある人の証言に沿って歩くという形もあり得そうな気がします。
途中のチェックポイントを通過すると、地図、関連する写真や絵と証言が出てきて、ゴールまでいくと手記が完成する、とか。
間に起こるイベントがまた気が重くなりそうですが、距離感などは多少体験できるかもしれません。
やっている間は、ちょいちょい大戦のことに触れることになるでしょう。

保存の会に開発できるような人はいませんし、実際やろうとすると問題はいくらでも出てくるのでしょう。
(このブログのために)毎日1回は大戦のことを思い出すことになっている人間の、単なる思い付きです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3887-65ee93ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック