FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
保存の会公式twitterが、広島の被服廠保存活動についてツイートを重ねています。
東京でも連続講座が開かれるようになり、保存活動は全国に広がってきつつあるようです。

というところで。
今週土曜日が拡大事務局会議で、2020年度の茶話会はどうするのかを話し合うタイミングです。
茶話会、ひとまず10月~12月の間に浅草で1回は確実として、他をどうするか。
6月には沖縄のイベントをやるはずなので、5月と夏ごろに、ということになると思います。
本格的な茶話会かどうかはともかく、富山で何かやるというのが1つあります。それが夏になるでしょうか。
もう1か所ぐらい、茶話会を企画するとしたら?
いっそ広島でやったらどうだろう?と思いました。
百人展の頃から、いずれは広島・長崎でも、という話は出ていました。
長崎は、一昨年「戦場体験聞き取りキャラバン報告展」として実現しました。茶話会ではありませんが、トークイベントも行いました。
被服廠の件で関心を持ち、ささやかながら動いているメンバーもいるこのタイミング、いっそ広島での茶話会をここで実現してはどうだろう?ということです。

できれば、現地の方と一緒に開催して、被服廠の建物ツアーとセットのイベントに。
展示も、被爆した建物とそれにまつわる歴史(原爆投下以前も含めて)関連を一緒にやって、保存の会としては、大戦の全体像を持っていくとか。
耐震ができたら被服廠の建物で2回目の茶話会をやるのを目標に、とか?
wikipediaを見たところ、過去にいろいろと博物館などとして利用する案が挙がったことがあるようですし。
耐震補強に1棟20億余り、という数字が書かれていました。
保存の会は参加費の必要なイベントは行いませんが、イベント開催をきっかけに、資金を集める方法を話し合うことを含めた交流座談会を併せて行うのも一つ。
広島県が3棟、国が1棟管理しているので、直接管理費を届ける形があり得るのかも調べる必要がありますが。

ひとまず、大戦について話し合いが盛り上がる場を試しにつくってみるのはありなのではないでしょうか。
何より、広島でのイベント、「いずれは」という段階から「今年どのようにして行うか」という段階に話が動かないと、なかなか実現しないものなので。逆に言うと、その段階に入ると、もうやるしかないというので、どうにかやってしまうものです。
広島茶話会、まずは会議に提案してみようかと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3860-9d204801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック