FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
新宿の平和祈念展示資料館で、秋の特別イベントが行われます。
明日10月19日(土)を皮切りに、11月頭の三連休にかけて、土日祝のたびに何かしらイベントが行われるようです。

明日は、保存の会が大変お世話になっていたシベリア抑留体験者、故猪熊得郎さんの息子さんが、得郎さんの体験を朗読されます。
ということで、明日に関して、少しばかり特別扱いで勝手にお知らせいたします。

以下、平和祈念展示資料館のイベント案内より

「亡き父の証言を朗読「戦争に奪われた青春~少年兵のシベリア抑留体験」

満州で終戦を迎え、シベリアで約2年間の抑留生活を送る。
その体験を伝えるため、平和祈念展示資料館の語り部として活動された猪熊得郎さんの息子で俳優の猪熊恒和が、今は亡き父の体験をギターとバンジョーの生演奏とともに朗読で伝えます。

●10月19日(土)、14:00~(約40分)
原案:猪熊得郎 (「語り部お話し会」記録より)
出演:猪熊恒和 (劇団 燐光群)
演奏:スーマー (ミュージシャン)

※10月19日(土)、11月2日(土)11:00から猪熊得郎さんが出演しているドキュメンタリー 「語らずに死ねるか!無名の元兵士たちの声」を上映します。

■■プロフィール■■

猪熊恒和 (いのくま つねかず)
1959年生、神奈川県横須賀市出身。1984年、劇団「燐光群」入団。
年数本の劇団公演と外部出演のほか、2016年映画「関ヶ原]、2018年NHK「透明なゆりかご」などの映像作品にも出演。
実父・猪熊得郎(享年88)の平和祈念展示資料館などでの語り部活動をサポートしていた。

スーマー (SUEMARR)
ミュージシャン。
ギターとバンジョーを抱えて様々な処へ出向き、弾き語る。
平成26(2014)年7⽉、ロンサム・ストリングスの桜井芳樹プロデュースによる初のフルアルバム『ミンストレル』を発表。収録曲から8曲が安倍夜郎・原作のドラマと映画『深夜⾷堂』の挿⼊歌・エンディングソング等で使⽤されている。
アナログ盤で先⾏発売して売切となっていたセカンドアルバム『泥⽔は揺れる』を平成29(2017)年1⽉にCDで発売。
⽉刊紙「寒弾(KANBIKI)」を毎⽉発⾏。
オフィシャルウェブサイト:http://suemarr.com/

◆◆◆

秋の特別イベント全体の概要は以下のようになっています。

【日時】
10月19日(土)・26日(土)・27日(日)
11月2日(土)・3日(日・祝)・4日(月・振休)
詳しくは「イベントスケジュール」をご覧ください。
【会場】
平和祈念展示資料館 ビデオシアター
【料金】
無料

なお、明後日10月20日(日)は、恒例の語り部お話会です。

平和祈念展示資料館HP
https://www.heiwakinen.go.jp/index.html
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3762-aa8bf13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック