FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
10月10日、旧体育の日です。
ということは、前の東京オリンピックから55年目。
そして、沖縄の10・10空襲から75年目になります。

サイパン・テニアンの陥落から、いよいよ国内が戦場になることが現実味を帯びてきていました。
それを受けて、沖縄では、疎開が進められましたが、多くの人たちは本土への疎開をせず、残っていました。
日本は勝つのだという言葉を信じていた、というのが大きな理由だったと聞きます。
同年の8月22日には、疎開船対馬丸が撃沈されました。
多くの民間人の犠牲者が出ましたが、そのことは隠されていました。

沖縄の人々が、初めて戦争というものを目の当たりにしたのが、10・10空襲でした。
第1波の攻撃は、軍需施設を狙ったものでしたが、その後夕方まで繰り返された爆撃は、那覇市を中心に、市街地を破壊していきました。
このときには、すでに米軍は偵察により、沖縄の地勢や軍備、町の状況などを把握していました。

その後、11月に入って、第32軍の中心を成していた第9師団が台湾に抽出されることになり、各部隊は何度も配置換えされることになります。
意外と、それが不確定要素になってはいないだろうかと思いもするのですが、もちろん、米軍はその後も繰り返し偵察を重ねているはずです。
それでも、泥沼の持久戦となり、双方にとてつもない犠牲が出ることは、このときはまだ予想していなかったでしょう。

ともかく、学校などに軍隊を受け入れながらも続いていた日常が、10・10空襲を境に崩れます。
家も財産もなくして北部に身を寄せる人々も多く出て、避難生活に入っていきます。
本土で大規模な空襲が始まる3月10日の5か月前です。

ところで、もし日本が8月15日に敗戦を迎えていなかった場合、1945年11月1日には、米軍が九州に上陸する計画でした。
オリンピック作戦と呼ばれるものです。
10月10日から比較的近い日付の作戦に、「オリンピック」の名前が付けられているのは、今にして思えば皮肉に感じられます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3754-cb43136f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック