FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
保存の会公式twitterに、今日までのイベントのつぶやきがありました。
前回の会議の時に、イベントがあることは聞いていたのですが、詳細がわからず、紹介できなくて残念です。

◆◆◆

2019.9.18 16:18

「我が家の戦前戦後展」が港区白金台で今日まで開催中です。文字どおり我が家を会場とした催しで、中国で頭部に負傷し生涯仕事につくことが難しかった義父と、戦中から母が取っておいた身の回りの品々や書類などが展示されています。主催者は東京大空襲の体験者、残念ながら今年が最後とのこと。

◆◆◆

個人が運営する戦争展は、その方の体験がベースにあり、ご家族、身近な方を経て小ぢんまりとやっているうちに、いろいろな方から品物が集まってくるような展開になることも多いようです。
「我が家の戦前戦後展」は、つぶやきに書かれている内容ですが、数日戦争展を開いている間、お茶を入れに来てくれる人などいるという話を、昨年聞いた気がします。
続けていくうちにいつしか定着しているものです。

しかし、個人の運営であるがゆえに、ご本人が年を重ね、そろそろきついと感じ始められると、終わりが見えてきます。
人に頼らずきれいに終われるうちに、という気持ちもあるのは、ご苦労されてきた方ゆえの面もあるでしょう。

いつも平日にやっているところ、最後だからと休みの日を含めて開催されたそうですが、ちょうど保存の会のイベントと重なってしまい。
平日休みがとれるメンバーは、昨日鹿児島から帰ってその足でお邪魔したり、今日顔を出したりしたようです。
私は残念ながらついに行くことができず。

今後、保存の会の展示でまた品物をお借りすることができればと思います。
それでも、「我が家」でこその味わいは、その場でしかありえないのですよね。
また機会がないものかな、と往生際悪く考えてしまいます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3732-ec384481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック