FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
moblog_3b5e3611.jpg

平和のつどい・のだ2019にちょっとだけ行ってきました。
保存の会の出し物の前後で展示を見たかんじです。
記録写真を撮るべし、と思ったのですが、例によってスクリーンが見える暗さに望遠では、なかなかまっとうな写真は撮れず。
保存の会主催ではないので、いつも以上にお客さん写らないようにしており、さらにわけがわからないことになっています。
メンバーが、5人の体験者の方(当時子供)の証言映像を流しつつ、説明を加えているところです。
このときのお客さんは年齢層高めで、地元の方々なのだろうと思われました。前後の時間は若者による出し物もありましたが、私がいた時間が短かったため、遭遇しませんでした。
我が家から野田はなかなかに遠く、往復でけっこう消耗しました。やはり地域密着型のイベントだと思います。
そういうところから総会などに来てくださる体験者の方に改めて頭が下がりました。

保存の会の映像の前に、1時間ほど、沖縄戦全体についての映像があったようです。
保存の会のパートは、説明をしながら証言映像を流し、最後に質疑応答。
質疑応答の時間は、3名ぐらいの方がご自身の体験(戦争体験ではなく)を踏まえて感想や考えを述べられていました。
後で、「ありがとうございました」と声を掛けてこられる方もあったので、それなりに興味深い内容だと思っていただけたのかなと感じました。

後ろの壁一面が保存の会の証言パネルと写真パネルコーナーでした。
保存の会主催の沖縄戦展よりはだいぶ枚数を絞って、それでも、沖縄戦を戦った兵士、学徒隊、住民、南洋、対馬丸など一応ひととおりのテーマを網羅したものにしていました。

平和のつどい全体では、原爆についてのパネル、日本国憲法制定の経過についてのパネル、いわさきちひろ氏の絵、風刺漫画、といった展示が会議室のスペースごとに展開されていました。原爆瓦、赤紙などの実物展示も少し出ています。
主催者以外が写真に撮るのははばかられたので、そちらの写真はありません。

明日まで開催されています。
お盆休みの最後に、平和について考える機会を持つのもよいのではないでしょうか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3696-08f4fa2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック