FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
先日の「沖縄の戦争展」、保存の会がお世話になっている体験者の方も何人か来てくださっていました。
千葉県の南端から、戦艦武蔵の乗員の方がいらっしゃったのには驚きました。
平和祈念展示資料館の語り部の方も、関係者といっしょにいらっしゃっていました。
そして、茶話会では毎回お話しいただいている方もいらっしゃっていたのですが。
「うちの父のことが出ているかなと思ったけど」と、少し残念そうにつぶやかれていました。

この方、ご本人は大戦末期、学徒出陣で瀬戸内海で輸送艦の指揮を執るための訓練をされていました。
お父様は、沖縄戦を戦った第32軍直属の航空情報隊隊長塚本保次大佐なのです。
塚本大佐は、代表として停戦の調印をしたり、立てこもる将兵に出てくるようによびかけたりと、重要な役割を果たしています。
というぐらいの知識があるくらいで、お話を伺える体験者の方ではないので、詳しく調べたことはありませんでした。
息子である体験者の方に、生前のことについてお話を伺うのも1つだなと思った出来事でした。

保存の会メンバーにも、おじいさんが沖縄で戦死されている若手がいて、以前、そのおじいさんについて調べたことを展示していました。
会場のスペースの都合はありますが、そういうコーナーもあると、もっとたくさんの人が展示する側としての参加もできるのかもしれません。
実際に伺った証言をメインに据えるのはもちろん続けていきながら、より身近に感じられる展示も試していけたらいいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3643-53400d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック