FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
そして本日、平成最後の日です。
4月29日、30日、5月1日で、昭和、平成、令和に関係する日が並んでいるわけですね。

その前の、4月28日は、サンフランシスコ講和条約が結ばれた日で、日本が国際社会に復帰した日であり、沖縄が米国施政権下に取り残されることになった日でもあります。
沖縄が本土に復帰するのは、1972(昭和47)年5月15日。わりとこの時期です。
復帰の前夜、当時の行政主席だった屋良朝苗氏が、前日から日付が変わるのを待っていたエピソードを見たことがあります。
様々な問題を残したままの復帰に、ただ喜ぶことはできなかったようです。

それから、昭和が終わり、平成を経て、明日から令和が始まります。
今夜24時、明日の0時を迎えるのは、気持ちを切り替えるのにはいい区切りとなるでしょうが、基本的には、日常は何も変わりません。
昭和から残された課題も、存在し続けます。

日付が変わって始まる新元号で、それらの課題が、それによって苦難を強いられた方々にとって希望のある形で解決することを願います。
その上で、昭和の大戦が忘れられることなく、同様の悲劇が繰り返されることのないよう、願います。

平成が終わっても、戦後は終わらない。
令和が終わるころには、戦後まで残された課題を終えつつ、次の戦争などないという意味で、最後の「戦後」であり続けますように。

と、きれいに締めればいいものを、広報で締めます。

戦場体験者と出会える茶話会(平成が終わっても、戦後は終わらない)
【日時】2019年5月4日(土)、5月5日(日)
【場所】きゅりあん イベントホールCDE(7F)
【入場無料】

平成が終わっても、30名の昭和の大戦体験者の方々が、各テーブルにてお待ちです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3586-0072bd90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック