FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
ネットのニュースで、九州にある特攻関連の3つの資料館が連携することになったというものを見かけました。
4月17日付で、いろいろな新聞に出ているようです。

3つの資料館は、大刀洗平和記念館(福岡県筑前町)と、知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)、万世特攻平和祈念館(同県南さつま市)です。
それぞれ持っている収蔵品について、共同研究や合同企画展などを進める連携協定を、4月16日に結んだとのことです。

これまで、そういう提携がなかったのがむしろ意外なような気もしますが、都内の3つの施設というのと違い、九州の3資料館はだいぶ離れていますので、そういうものなのでしょう。
戦争の記録を残す活動も、各地で展開されていますが、お互いの連携がどのくらい行われているのかはよくわかりません。

共通のテーマを持つ資料館どうしの連携は、確かに効果的だろうと思います。
「特攻」というのは、その中でも注目度が高く、接しやすいテーマかもしれません。
というより、他のテーマについては、特化して扱っている資料館はあまりないような気がします。
ある作戦に参加した複数の師団があるとして、その部隊の地元同士が連携するという例は見かけません。
そういうのもあるといいのでは、と、改めて思いました。

さて、新宿の平和祈念展示資料館で明日から始まる企画展示が、ちょうど太刀洗飛行場をテーマにしたものです。
「かつて東洋一と謳われた陸軍大刀洗飛行場~筑前町立大刀洗平和記念館所蔵品展~」
こちらは、すでにだいぶ前から連携ができているようですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3578-a17a29c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック