FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
今日は午前中から、戦場体験史料館に、「ひろがれ!ピース・ミュージアムいたばし」の方々が5人来館されました。
戦場体験史料館は、板橋駅徒歩5分圏内、北区ではありますが、北区・板橋区・豊島区の境目辺りにありますので、板橋区もほぼ「地元」です。
そんな「地元」で平和資料館をつくろうというみなさんが、他の平和資料館などを経由して、保存の会に関心を持ってくださったということでした。
一応、保存の会は、2011年に板橋文化会館で行われた「第2回いたばしピース芸術祭」に参加しており、その際の関係者だった方と、今日いらっしゃった方々は重なっています。

今日は、ひとまず保存の会がどういうところなのかというのを知りたいということで、足を運んでいただいたようです。
対応は主に、事務局長と事務局次長で行っており、私は最初のほうで、板橋ピース芸術祭の話をしてつないだ程度です。以下は、主語は保存の会としては、ということになります。

保存の会の考え方、設立の経緯、活動状況など、主にこちらの基本的なことについて情報交換をしました。(先方は、数日前に活動内容をまとめたものをメールで送ってくださっていました。)
セミナー事業、市民メディアをつくる活動から戦場体験保存事業につながるまでの経緯は、私もあまり聞いたことのなかった話が出てくることもありました。
公益社団法人の事業として、聞き取りやイベントを全国展開している状況など、お伝えしています。
5月の茶話会のこと、介護施設での聞き取りを進めたいことなど、最近の活動についても一通りお話しました。

板橋のピースミュージアム構想は、長らく板橋で続いてきたいくつもの団体の市民活動が土台になっており、それがここ数年にわたる定期的な勉強会やイベントを経て、みんなが集まれる場をつくりたいということになって、本格的に動き出したものであるようです。
資料展示の場としてだけでなく、交流や学びの場、「居場所」としての役割を果たすものを考えられています。
広島・長崎に生徒を送る活動や、世界の紛争についての学習などは蓄積があるものの、戦争の体験を記録していく部分が手薄なのが課題とのことで、保存の会としては、その辺りで協力できるのではないかと思われます。
一方で、福祉関連のつながりについては、力をお借りすることになるかもしれません。

今後また、繰り返しお越しいただくことになりそうで、ピースミュージアムの形など具体的なところについての話も出てくると思います。
「地元」の活動と連携して、お互いにいっそう活性化していきたいところです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3576-f994f5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック