FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
5月4日(土)、5日(日)に開催の戦場体験者と出会える茶話会(平成が終わっても、戦後は終わらない)に参加される予定の体験者の方は、現在のところ、以下の通りです。

■青木蔵男さん 96歳
海軍 昭和13年志願 横須賀海軍航空隊、第6回ぐん航空隊(のち第204海軍航空隊に改称)等
偵察員としてラバウルなどに従軍、山本五十六長官が戦死した際、その後続機に搭乗していた
■阿部正晃さん 87歳
民間人 3歳で家族で満州へ 敗戦時、朝鮮半島・鎮南浦より引揚げ、1歳の妹が亡くなる
■稲川寅男さん 95歳 東京都在住
陸軍 昭和19年現役兵 135師団歩兵大370連隊など
満州・ソ連国境でソ連の戦車部隊と戦闘。投降は9月、ハバロフスクに抑留され1947年復員
■大島満吉さん 83歳
民間人 国民学校4年生の時、満州で「葛根廟事件」(※)の生存者
※逃避行中の民間人が、ソ連軍の戦車部隊などに襲撃を受けた
■大屋宣美さん 95歳
陸軍 昭和19年現役 野戦重砲兵第9連隊(満州第929部隊)、128師団砲兵隊(満州大340部隊)
満州・東寧で散発的な戦闘を経てソ連軍管理下に。コムソモリスクに抑留、1984年復員
■呉正男さん 91歳 台湾出身
陸軍 昭和19年、陸軍特別幹部候補生に志願 滑空飛行第1戦隊
朝鮮北部に従軍。中央アジアのカザフスタンに抑留され1947年復員
■神代忠男さん 96歳
陸軍 昭和18年学徒出陣 第1航測連隊 浜松など 戦後は一時新橋で闇市を経営
■小谷孝子さん 80歳
民間人 広島で原爆被爆。建物の下敷きになるも助かるが、弟は全身火傷で死去、姉も全身火傷
母は原爆孤児の施設でボランティアをしていたが6年後白血病で亡くなる
■近藤恭造さん
海軍 昭和19年海軍少年通信兵に志願 空母・瑞鶴、大和田海軍通信隊
瑞鶴に配属、6日後にレイテ沖海戦で瑞鶴は沈没。その後大和田通信隊
■斉藤鐵也さん 85歳
民間人 満州・大連で生まれ、そこで敗戦。ロシア人相手に物売りなどをして生活し、引揚げは昭和23年
■坂上多計二さん 93歳
陸軍 実際には入隊前に軍属として働いていた第103海軍軍需部に農場指導員として配属
フィリピン・ミンダナオ島で飢餓を体験
■佐藤孝則さん 88歳
民間人 3歳の時家族でテニアンに移住、昭和19年米軍のテニアン島上陸を体験
■島崎貞治さん 95歳
陸軍 昭和16年、陸軍少年飛行兵に志願(12期生) 飛行第32戦隊
整備兵、満州・千島列島を経てルソン島に送られるが、45年2月に台湾に撤退することができた
■島田殖壬さん 94歳
陸軍 昭和19年志願 第1師団歩兵第1連隊
フィリピン・レイテ島に従軍、のちにセブ島へ。同連隊の生還者は約1.5%
■関利雄さん 95歳
陸軍 昭和15年、陸軍少年飛行兵に志願(11期生) 飛行第77戦隊、第17錬成飛行隊
戦闘機・隼の操縦士として、南方広域で戦闘、シンガポールの防空など
■外間加津子さん 91歳
陸軍軍属 東部軍司令部女子通信隊 関東周辺の監視所・レーダー情報の入力にあたる
■武田昭さん 84歳
民間人 東京大空襲で被災、小坊主としていたお寺に一人置き去られる
■田中三也さん 95歳
海軍 昭和14年甲種飛行予科練習生に志願(5期生) 第141海軍航空隊偵察第4飛行隊など
偵察員として、南太平洋海戦、あ号作戦、沖縄戦などに参加
■塚本此清さん 94歳
陸軍 昭和19年船舶特別甲種幹部候補生に志願 豊浜船舶工兵教育隊
香川県豊浜で103号型輸送船での訓練
■常松尚さん 86歳
民間人 旧制中学1年生の昭和20年7月2日、呉空襲で自宅焼失 父はブーゲンビル島で戦死
■中村誠太郎さん 96歳
陸軍 昭和18年召集 第39師団野砲兵第39連隊で華中。その後、第34軍野戦兵器廠、兵器研究所
■西倉勝さん 93歳
陸軍 昭和20年現役 歩兵第290連隊
朝鮮北部のソ連国境付近に配属。コムソモリスクに抑留、1948年復員
■福田きくさん 91歳
日本赤十字社救援看護婦 昭和19年召集 相武台陸軍病院(神奈川県相模原)
病院戦で戻った重症兵士の病棟に勤務
■藤原重人さん 94歳
陸軍 昭和19年現役 第27師団支那駐屯歩兵第3連隊、第131師団独立歩兵第596大隊
中国中部~南部の3千キロを徒歩で行軍
■牧野衛さん 81歳
民間人 在満国民学校2年生の時ソ連侵攻 西安より母と子ども3人で引揚げ
■松下一彦さん 86歳
民間人 昭和20年3が鵜まで伊東に学童疎開、帰京後、山の手空襲を経験
■眞野和雄さん 88歳
民間人 東京大空襲を墨田区横網で経験。疎開先で仙台空襲を経験
■村山幸作さん 89歳
陸軍 昭和19年陸軍少年通信兵に志願 東京陸軍少年通信兵学校生徒(12期生)
■山本昭平さん 91歳
民間人 終戦時、択捉島蘂取村に居住
ソ連軍の進駐、日ソ混住時期を経て、1947年本土に強制送還

※現在28名、他調整中の方あり 年齢は茶話会当日 予定は体調や天候などで変わる可能性があります。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3571-d906a1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック