FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
北方領土の日です。
国会周辺が騒がしかったのもこのひだからでしょうか。
先月、択捉島のお話を伺ったばかりなので、いつにも増して北方領土が身近に感じます。

北方領土にお住まいだった方々は、だいたい皆さん知り合いだったというお話でした。
そういった方々が、戦後住むことができなくなり、内地に引き揚げてこられるのですが。
北方4島の中でも、歯舞、色丹など、内地寄りの島の方々は、北海道でも北の方にお住まいのことが多いそうです。
択捉島の方々は、だいぶ函館などに出られているのだとか。
もともとの交通や経済のつながりの圏域があったということもあるのかもしれません。

ビザなし交流で択捉島に渡航されると、もう本当にロシアの一部になってしまった感があるそうです。
日本の船を直接島に着けるのではなく、中継地点で乗り換えるのだというお話もありました。
ここまでくると、すでに島に居住しているロシアの人々も、生活を変えるのは難しいのかもしれません。
ロシアの人々は、北方4島がソ連に占領された経緯を知らないのだと、先日の体験者の方はおっしゃっていました。

戦後74年目、もともと島に住んでいらっしゃった方々も少なくなってきている中、それでも故郷を返してほしいという願いにどう応えるのか。
少し身近になった視点から、注目していきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3504-3044a48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック