FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
信州・北陸チームが9月1日(水)に伺った証言の概要です。
富山市で収録会として聞き取りを行いました。

◆◆◆

◎清水光行さん

1928(昭和3)年8月3日生まれ
本籍地:富山県

●1943(昭和18)年12月1日 志願(中学3年)
 村松陸軍少年通信学校(新潟県村松町)入校 11期生。
○従兄が戦死し、父親から敵を取ってこいと言われた。
 また夏休みに母校に予科練などに行った先輩が帰ってくるのを見て自分も何かせねばと思った。
○試験は勉強については簡単な一般常識、むしろ実技面での適正を厳しく見た。
 ○△×を10分ほど読み上げ1、2、3の数字に置き換えていくテスト、ランダムの数字をスピーカーが読み上げそれを足していくテストなど半日。
○4中隊・800人が同時に入学した。
○地名や日常用語を4けたの数字にしてありその辞書がある。
 それに付表の乱数表の何ページ何行目の何文字目の数字から初めて乱数表の数字を足していくというふうに暗号を作る。
 付表は何日何時から何日何時まで使用というふうになっていた。
○送信の得意な者は1分間に120文字を打ち、受信の得意な者は1分間に100文字を受ける。
●1945(昭和20)年3月 卒業

●1945(昭和20)年3月
 第13軍通信第12連隊(登7336)配属、上海
●1945(昭和20)年6月 安慶派遣
○沖縄の次は上海に上陸するという情報があり、中国の奥地に行っていた部隊が上海への撤退作戦に入った。
 これらの撤退する部隊に無線通信で情報を出すための派遣。
○撤退してくる兵隊は軍に配給された靴を履いている者が殆どなく、裸足か地下足袋。
 食糧がないため銃が重くて持てず銃を持っていない兵がたくさんいて、大変惨めな有様だった

●1945(昭和20)年8月
 15日の記憶は無いが、通信なので広島長崎も東京や大阪の空襲もラジオから情報は入っていた。
●1945(昭和20)年10月 上海へ帰隊
○笹舟に前後に重慶軍の船が付き監視下戻った。
○南京駅で武装解除。
 南京城の城内へ武器の返納に行ったところ、あらゆる武器がもの凄い量集まられていた。
 それだけ見るとどうしてこんなにあったのに負けたのだろうという気になった。

●1946(昭和21)年2月1日 復員
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/350-4c3d8382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック