FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
四国キャラバン3日目、11月24日(土)の様子です。
午前午後とお一人ずつお話を伺っており、それぞれ簡単な報告メールが来ました。
午前の分はそのまま転載、午後については状況を記載します。

◆◆◆

午前
野口カネ子さん、炎の中を逃げるみたいなめにはあってませんが、徳島時代の軍隊用乾燥芋づくり、徳島ではろくな徴用先もないしとお姉さんのいた大阪に出て市電の車掌や運転手。運転中空襲で、電車を折りた兵隊がその途端焼夷弾が足にささるも出発、車庫に戻ると寮は全焼、その足で帰郷する前後に祖父母宅が市場の飛行場に接収。敗戦で進駐軍が来るので山奥に逃げ、戻った後市場飛行場の爆弾処理で避難と、どこを切ってもいい?感じでした

午後
4月にこの体験者の方に会ってきた紹介者が驚くほど、記憶が薄れてしまっており、かなり困難な聞き取りとなりました。
証言としては不十分なものですが、体験者の方にしかない迫力や雰囲気というものはあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3430-6af4da45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック