FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
四国キャラバン2日目、11月23日(金・祝)の様子です。
聞き取りの内容についてのメールが届きました。
少し砕けた感じはありますが、公開可能な内容と思われるので、そのまま転載します。

◆◆◆

国本さんは逓信省の専門学校を出ていたため、すぐに師団司令部、軍司令部の通信に。
司令部の通信だから物資はあるし、戦闘はないし、中国人との関係も悪くなく、機密に触れるほど上の兵隊じゃないし、内心やや苦戦しましたが、戦争の話を聞くのはあんたが初めてと本人にはいたく喜ばれました。。
細々エピソードはいろいろ。裕福な家で隠してあった塩壷を見つけて現地の人に配ったり(感謝されたと言われても微妙だが)、武装解除で通信機を揚子江に捨てたり(笑)、敗戦は米軍の無線を傍受して知ったり。
1946年6月まで残って各部隊の引き上げを見届けてから最後に復員しているので、そこは苦労でもあり、良い仕事とも思えるそうで何度も繰り返しておられました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3428-726b1fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック