FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
四国キャラバン1日目、11月22日(金)の様子です。
特に内輪向けな内容はなさそうだったので、行っているメンバーからのメール転送を試みてみました。
どうやらうまく行っている模様?

香川県から高知県への移動中に送られてきたメールです。
リアルタイムで投稿できていないのは、ブログ係のせいです。すみません。

◆◆◆



同席した地元遺族会の方々が、最寄り駅ではなく、便の良い多度津まで送ってくれたので、予定より一本は早い電車に乗れました。
政本さんは昭和18年から東部ニューギニアマダンの兵たん病院に所属、野戦病院からの傷病兵の輸送が主な任務だったようです。最初はバラオへの輸送もやっていますが、そのうち病院自体が撤退でさ迷うように。
遺髪を取ってはカルテに貼っていて、それを最終的に持ち帰り、自作の木彫りの仏さんと一緒に遺族に送っていました。
絵手紙もやるので、戦争をテーマにした絵手紙があり、先の遺族会の事務局長がこれを引き延ばして紙芝居にして、一緒に学校を回っています。
写真は木彫りの仏さんと持ち帰った衛生兵用のカバンなど。
それから絵手紙に埋まった土間。建具屋さんだったそうで、土間的な空間が広い部屋になっていて、そこが絵手紙や木彫りや、戦争関係資料のギャラリーみたいでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3426-449562f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック