FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
茶話会は、保存の会企画レベルでやると負担が大きい。
どこにこだわるかを絞れば、気軽に開催可能、というのが昨日の話でした。
できる限り、全国津々浦々で、気軽にやっていただきたいです。

そして、今回の展示パートだった、モノの展示会も、できることなら全国でやりたいところです。
これは、保存の会としてやりたい、という話になります。
モノを集めたいから、これにつきます。
各地で開催して、各地で、保存の会があの大戦に関するものを集めている、ということをアピールしたいのです。
こういう形で活用される、ということがわかれば、うちにもあるよ、という方が出てきてくださるかもしれないので。
これも、「キャラバン」としてやって、各地で出会ったものとその持ち主だった方、それにまつわるエピソードなどを集めて紹介していけたらいいなあと、ブログを書く者としても思います。

実際には、なかなか難しいのですが。
モノの展示会で難しいのは、管理です。これ特有の問題はほぼそれだけと言ってもいい気がします。
その、だけ、が難しいのですが。
証言パネルの展示なら、そうそう盗難の心配はないし、多少破損しても取り返しがつきます。
実物はそうはいきません。
博物館のようなガラスケースに入れられるならよいのですが、そうでなければ、誰かが目を光らせていることが必要です。
それは、開催できる期間の限界を表わしています。保存の会メンバーは本職は別に持っているメンバーばかりなので、それを休める期間は限られるのです。
まあ、ガラスケースに入れられるとしても、保存の会メンバーがついていたほうが、会場に来たお客さんからの情報をダイレクトに得られるので、できる限りそこにいるべきではあります。

交通費、滞在費などの問題は、茶話会でも証言集会でもついて回りますので、イベントを行うなら、常に休みと予算のやりくりは課題になります。

ということを考えたうえで、どうにか各地で開催できないものだろうか、と考えます。
各地にちゃんとモノが遺されていて、それのもつ意味を伝えられているのなら、そっちのほうがいいのかもしれませんが。
それがなかなかできないからこそ、各地でモノの展示会がやりたい、という話になるのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3366-e954789f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック