FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
長崎原爆の日です。
今年は今週末から長崎に展示をしに行くので、一際身近に感じるこの日です。

11:02には黙とうをしました。
実は、日ごろからこの時間をふと目にすると、しばし目を閉じています。
長崎駅から近い、大きな観音像のあるお寺では、毎日11:02には鐘を鳴らすのだというのを現地で見たのはもう27年ぐらい前のことになります。
さだまさしさんの8月6日のコンサートに行った翌日、たまたま行きつきました。
フーコーの振り子があり、原爆瓦なども展示されている不思議なお寺でした。
その後、まったく関係のないところでこのお寺が檀家だという人に出会い、運命とは妙なものだと考えることになるのですが。
ともかく、このお寺では、その時間にそこにいた人も鐘をつくことができるようなことが書かれていたと思います。今もそうなのでしょうか。

毎日、その時間に目を閉じる。
「いつも心に原爆を」ではないですが、日々少しの時間でも思い出し、平和を祈るのは、それが何かに影響を与えるわけではないとしても、悪くない習慣なのかもしれないと思います。
被爆者の方は、あれから被爆者でなかったときはない、という言葉も思い出します。
政治に対して口を出すのは無色から外れるかもしれませんが。
政治を行う人たちこそ、そうであったらいいのではないかと思います。
例えば8:15と11:02には、1分間会議を止めて黙とうをしたら?

強制すれば、軍事教練などと同じようになりそうだけれど、などと考えるほどには、私は頭が戦場体験に影響されていますが。
今日も、普段のように、この時間に祈りを捧げるのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3315-ce2a541f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック