FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
台風接近の中家に帰り、ネットを開いて最初に飛び込んできたのは、翁長沖縄知事死去のニュースでした。
67歳。
戦後生まれなので、沖縄戦を直接は知らないけれども、その後の米国施政権下の沖縄を経験したことから強い信条を持たれていたイメージでした。
沖縄県民、住民に不利な条件を飲まなかった先人たちに感謝するなどの発言があったのが、記憶にあります。

保守でありながら野党総力を挙げての応援で知事に当選、オール沖縄を実現した稀有な方で。
本当に、沖縄に根付き、沖縄が豊かになることを願って動いた方だったのではないかと、直接は知りませんが思っています。
先月の沖縄でのイベントも、沖縄県の後援をもらいつつ、知事にも来てほしいと密かに思っていました。
しかし、本当に容体が悪かったのですね。

沖縄戦、沖縄の戦後、それら全て、平和とは何なのかを突き付けてきます。
本土の私たちは、そこに直接触れる機会が少なく、なかなか全容がわかりません。
確かに沖縄戦の先にある今の沖縄。
それを少しでも知り、希望のある方向を探していくことは、日本のこれからにもつながることだろうけれど。

誰しもに平等に訪れるものは、たいへんに理不尽であると思いました。
政治の場にある人について語るのは、無色の団体としてどうなのかというのはありますが、色というものを超えて、失いたくない人物が旅立たれたことが、今は悲しいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3314-6f624571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック