FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
沖縄イベント4日前です。
展示パートで紹介する証言と絵画は以下の予定です。
いまだ作成中のパネルもあるので、いくらか入れ替わりが生じることもあるかもしれません。

◆◆◆

〇対馬丸沈没
◇久高将吉さん 家族疎開で対馬丸に乗船、当時11歳

〇10.10空襲
◇森山英子さん 県立第2高等女学校生徒、那覇で10.10空襲に遭う

〇米軍、慶良間諸島に上陸
◇金城恵美子さん 渡嘉敷島で「集団自決」を経験、当時14歳
◇上里和子さん【絵画】 座間味島で「集団自決」を経験、当時6歳

〇米軍、沖縄本島に上陸

〇米軍、伊江島に上陸
◇大城安信さん【絵画】 伊江国民学校3年、「集団自決」を経験

〇沖縄戦の兵士たち
◇糸数雄介さん 24師団歩兵第32連隊、沖縄県出身
◇近藤一さん 62師団独立歩兵第13大隊、三重県出身
◇嶺井巌さん 独立混成第44旅団砲兵隊、沖縄県出身

〇郷土が戦場に(民間人の体験談)
◇野里千恵子さん 祖母が十十空襲で死亡、北部山中に避難、父は戦死
◇上間幸仁さん 母が艦砲射撃で死亡。3ヶ月の異父妹を栄養失調で亡くして虎児に
◇神谷洋子さん(その1) 当時8歳、腹に負傷、孤児になり一人で戦場をさまよう
◇宜保千恵子さん 摩文仁(まぶに)で戦車の攻撃を受け、祖母は即死、自身も負傷
◇久保田千代子さん 摩文仁国民学校教員、八重岳のお墓や米須の壕に
◇比嘉千代子さん 砲弾破片で負傷、米兵に壕に手りゅう弾を投げ込まれ父らが亡くなる
◇山城照子さん 当時11歳、兵隊に水くみや遺体運びをさせられる、艦砲射撃で負傷

〇戦場に動員された少年少女たち
◇宮平盛彦さん(その1) 県立第1中学校2年生、電信第36連隊に配属
◇玉那覇文彦さん 県立第1中学校4年生、対戦車攻撃隊への所属を命ぜられる
◇上原米子さん 県立第3高等学校生と、なごらん学徒隊、沖縄陸軍病院北部分室に配属
◇中山きくさん 県立第2高等女学校生徒、白梅学徒隊、第24師団第1野戦病院に配属
◇久場千恵さん 日赤看護婦、第62師団野戦病院

〇組織的な戦闘の終結
◇宮平盛彦さん(その2) 投降勧告に来た日本兵の殺害を目撃

〇孤児たちの戦後
◇神谷洋子さん(その2) コザの孤児院へ、その後叔父宅で小学生の頃から農業に従事
◇内間善幸さん 孤児になり親族宅に引き取られる、16歳でそこを出される
◇沢岻孝助さん 墓を追い出され孤児に、孤児院で高校を卒業、後遺症で手術
◇大城勲さん

◇大田昌秀さん 遺骨収集と平和の礎の建設

〇沖縄の戦後補償
(パネル 沖縄の戦後補償について)
◇當間實さん 業を追い出され砲弾で右眼を失明するが、援護法の申請は却下

〇南洋戦の民間人
◇柳田虎一郎さん パラオに移住、疎開船が撃沈されフィリピン・ミンダナオ島へ
◇上原和彦さん パラオに移民、疎開船が撃沈され台湾に、そこで母と姉弟妹を亡くす
◇山内武夫さん 第43師団歩兵第136連隊でサイパンに従軍
◇祖堅秀子さん サイパンに移民、両親と4名の兄姉妹を亡くすがバンザイクリフより生還
◇島袋弘さん・文雄さん サイパンで生まれる、両親と妹を亡くす
◇國吉眞一さん テニアンに移民、両親と弟妹を亡くす
◇瑞慶山シズさん フィリピン・ミンダナオ島で生まれる、両親と2名の妹を亡くす

その他、状況がわかる写真などをパネル化し展示。


沖縄イベント:沖縄の戦争展&沖縄戦・南洋戦民間被害者を囲むゆんたく
7月14日(土)~16日(月・祝)、沖縄県立博物館・美術館で開催です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3281-4cacd89f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック