FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
再来週は沖縄イベントです。
今回、沖縄戦とともに南洋戦に焦点を当てることになっているところです。
昨年の「沖縄の戦争展」の前に、戦前から戦後にかけての南洋の歴史関連の本を多少読んでいました。
その中で、南洋の歴史は、核実験と切っても切り離せない関係であるのを感じました。

もとより、南洋群島の一角であるテニアン島は、広島・長崎に原爆を投下したB29の出撃基地でした。
その出撃基地を確保したのも、南洋戦の一つの側面です。
ここを手に入れたことにより、米軍の日本への爆撃機による空襲が射程の中に入ったわけです。

そして戦争が終わり、この地が日本から米国の支配下に移ると、その中のマーシャル諸島などが核実験場となりました。
第五福竜丸の被爆なども、その一角です。
度重なる核実験で、この地は放射能に汚染されました。
そこに住む人々は強制的に移住させられましたが、被爆による健康被害も多く出ています。

戦後最初の核実験は1946年7月1日、72年前の今日行われた「クロスロード作戦」です。
広島・長崎への原爆投下、それに先立つトリニティ実験(1945年7月16日)から1年もたたないうちに、また核が使われたのでした。

南洋戦に関する展示を行うにあたり、この辺はどうするのだろうかと思ったのですが、今回は特に触れられることはなさそうです。
もし長崎での展示の2回目があるとしたら、そのときには展示物を作ってみようか、などと、まだ1回目もやっていないのに考えるブログ係。
人の誕生日とともに何かを思い出すのは相変わらずです。今日は保存の会メンバーの一人の誕生日でもありました。


沖縄イベント:沖縄の戦争展&沖縄戦・南洋戦民間被害者を囲むゆんたく
7月14日(土)~16日(月・祝)、沖縄県立博物館・美術館で開催です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3272-256b12e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック