あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
2018年総会の議案を、議案書をもとに掲載します。

2018年度の活動計画
2. 「戦場体験者と出会える茶話会」と展示イベント
7月頃 沖縄 茶話会
・「沖縄戦・南洋戦民間被害者の会」の方々を中心とした、沖縄県内で行う初のイベント
・県内でもあまり知られていない戦争孤児や南洋戦の体験を、若い世代の方々に知っていただく
・PTSDの実態や民間人戦災被害の戦後補償に関する取り組みについても紹介する

沖縄に関する活動をしている方にはわかるかもしれない、沖縄と本土の壁。
それを乗り越えて、ついに沖縄県内でイベントをやろう、というのはかなり画期的なことなのです。が、一般にはあんまり伝わらないでしょうかね。
昨年は東京に沖縄から体験者の方を招いて開催した「沖縄の戦争展」展示と茶話会。今度は、保存の会が沖縄に行って行います。

わざわざ本土の人間が、実体験を持つ人が大勢いらっしゃる沖縄まで行って何を見せるんだ?というのがあるわけで。
その辺をいろいろと考えて出てきたのが、上に挙がっているような内容です。
沖縄の中でも、あまり知られていないらしい部分に、外からスポットを当てる、ということになります。
それなりにテーマが広くなっており、準備や広報をどう進めるのかが課題です。

ちなみに、上の項目は議案書からとりましたが、正しくは、「沖縄・民間戦争被害者の会」の方々です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3196-233d2980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック