FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
2018年総会の議案書より、詳細を報告します。

2018年度の活動計画
1. 戦場体験記録の収集(インタビュー記録収集とモノの収集)
②介護施設への企画提案

施設入所者の戦争体験の聞き書きボランティア(記録をご本人、ご家族、施設関係者に共有する)、施設内「茶話会」開催などの提案をします。

特に、都市部では体験者の方と出会うには施設にお邪魔することが必要となる状況が見えてきました。
田舎のほうであれば、どこにどんな人がいて、という情報を周囲から得やすく、仲良くなれば体験者の方に紹介していただけるようなことも期待できるかもしれません。
が、都市部ではそうもいかず。
であるならば、体験者世代が集まっているであろう施設にアプローチしよう、ということでの計画です。

以下は、実際には、総会でそんなに踏み込んだ話をしていたような気はしないのですが。
2015年の日比谷証言集会のシンポジウムで少しだけ出た提案を2016年の中之島証言集会のシンポジウムで深めたことです。
傾聴ボランティアのようにお年寄りのお話を聞いてあげる、というものではなく、その方がどういう人生を歩んでこられたのかをご家族や介護施設の方々と共有し、再発見する試みです。
それによって、体験者の方と周囲の方の関係性が尊敬を含んだよいものに変われば理想的なのですが。
それを目指しつつ、保存の会としては、戦場体験を伺って記録するという本分を成すというわけです。

一応、働きかけをしたいというボランティアメンバーが名乗りをあげているので、担当になってもらって進めることになりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3192-c8bcdbc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック