FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
会場からの声がいくつか出たところで、語り継ぎの難しさということを改めて感じる中田事務局長。加害と被害ということがあり、それを語る元兵士の側と受け取る側の複雑さがある中で、何を残していくのかという問題があることに触れます。
また、猪熊さんの発言を受けて、「語られないもの」「欠落」の部分を残していくことが大切だと語ります。
今後映像を活用していくアイデアというところを含めて、パネリストの方々に一言ずつお願いしました。

小澤さん
語りたくないことの中に戦争の真実があるというのは、経験があります。本当に心が傷ついた人たちは話をしてくれません。広島・長崎の場合もそうで、そこに語らない真実があるのだと思います。
映像ということでいうと、「沈黙」というのが出てきます。語り手も無言、こちらも何も言えないという瞬間。語られることのない真実のところに話が及んだときなのだと思いますが、こういうとき、こちらからは何も言えません。
この沈黙の意味は、活字ではなかなか表せませんが、映像なら前後の流れから、何かが、言葉のみでない何かが伝わることがあるのだと思います。

北村さん
映像の可能性としては、沈黙がそこに記録されるというところに意義があると思います。
また、沈黙を埋めるものとして「現場」があります。沖縄の場合も、戦時中こういうことがあったというその場所で話を聴くときなどに、ふと出会うことがある。時間・空間がある種一気に遡るといった、不思議なことが起こることがあります。現場に立つことによって、そこで直接体験者の話を聴くことによって、何か、さあっと開けてくるものがある。そういう意味で、ご自宅で聴くだけでなく、一緒に現場に行って聴くことで開ける可能性はあると思います。
体力的な問題等から、実際に外国に行くのは難しい場合もあるでしょう。が、この5年ぐらいが勝負だと思いますが、できればその現場に行って、一緒にその場に立って聴くといったことを取り入れてもらえたら、というのが提案です。

上丸さん
連載の最後の回は、「沈黙の言葉を未来につなごう」がテーマでした。語らない方たちの言葉が一番強いという。
ただ、元日本兵は沈黙しても、日本兵に家族を殺された人々は沈黙しません。
これからおそらく、語り継ぎの文体が変わるのだと思います。
日本では、これまで戦争は受動的に語られてきました。「爆弾を落とされた」「~された、ひどいめにあった」と。しかし、日本も戦争の前半では大喜びしたし、中国では加害者だったこともあります。そこは語られてこなかった。そこには、新聞の責任もありますが、ずっと「何かをされた」という受動態で語られてきた。
しかし、今後「~された」経験をしていない世代になると、能動的に語られるように文体が変わる可能性があると思います。体験が人間を形成するとすれば、自分がその被害者でないからフラットになれる。
体験から自由な世代になることで、戦争を能動態で語ることになるのではないか。そこに不安と希望とがあるように感じます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/319-95a2e262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック