FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
沖縄キャラバン2018、5日目3月28日(水)の様子です。
最終日は、メンバー1人が渡嘉敷島に渡りました。
当日夜のメーリングリストからの転載です。

◆◆◆

皆様へ

本日は集団自決から73年目の渡嘉敷島の慰霊祭に海を渡りました。
渡嘉敷に行くのは3回目、慰霊祭は昨年に続いての参加で、
本当は昨年同様、集団自決を生きた金城恵美子さん(86歳)たちと
ご一緒する予定だったのですが、金城さんに急なことがあり結局一人旅に。

その代わりにと、一昨日久しぶりに南城市にある金城さんのご自宅に
大城号で運んでいただきました。海を見下ろす丘の上のお家です。
金城さんはお母さんと5人の弟妹を失い、お姉さんも大けがを負いましたが
ご本人は見知らぬ女性に連れ出され無傷でした。
そんな話を会うたびにするわけではないので、この日は昔部落から見えた
クジラの話などに花が咲き、「『お母さんも、お姉さんも、弟、妹、みんな寄ってらっしゃい。
恵美子さんの代わりに来たからねえ』と言ってくるからさあ」と
大城さんが締めてお開き。

前回は車を用意してくれる人がいたのですが、今回は完全一人旅なので
少々ドキドキ。渡嘉敷はグーグルマップで見ても殆ど何も出てこないしなあ…。
役場から慰霊祭への無料バスが出ると聞いていたので、とりあえず役場を目指すと
「12時半から慰霊祭です、12時に阿波連の〇〇商店前から
12時10分に役場前からバスが出ます」と全島放送が流れます。

まだ30分ほどありましたが島内をうろうろする知識もないので
役場の向かいのベンチに腰かけていると、おばあたちが次々と
庭から切った赤いハイビスカスと濃いピンクの慶良間つつじの花束を手に
集まってきます。ベンチに腰かけたおばあたちの話題は、
次第に当時の話に。
「自決場の方はかえって死体は少なかったよ。むしろ川沿いが全部死体でさあ」
「私は自分の壕から西山に移らなかったから皆何もなかったよ」
「そう、皆自分の壕にいたら良かったのさあ」
話しはどんどん具体的かつ激しくなるのですが、ここで自己紹介などしたら
ふっと皆さん黙ってしまわれるのだろうなと思って聞くともなく聞くそぶり・・・。

やがてバスに乗りこみ、慰霊祭のある白玉之塔へ
昨年は気が引けて参加しなかったお焼香も、
今年は恵美子さんの分と蛮勇を振るってさせていただきました。

そのあと公民会でお茶会があったのですが、これは半年間渡嘉敷に移住して
フィールドワークをしておられた岩手大学の先生が数日後に島を去るにあたって
感謝を込めて開催されたもので、図々しく参加させて頂きました。
さながら体験者にほぼ私一人が囲まれた茶話会状態で
先のバスを待っていたおばあたちにも自己紹介。
「あの人誰かねえと思ってたのよ」と知らない人がいない島ではもっともな話。
90歳の女子青年隊だった方に後日聞き取りをさせていただくお約束をいただく一方
88歳のおばあは「戦争の話はすっかり忘れた」(今あんなに話してくださったのに!)

でもグランドゴルフにおいでと誘われたので何とかなるのかな。
近日、泊りがけで島を再訪したいと思います。

帰りのフェリー、3年間島にいた先生たちが島を去る日らしく
港には子供たちが溢れ、太鼓が打ち鳴らされて紙テープが舞いました。
また島には高校がないため、今日島を出る子も乗っているようで
逆に手を振りながら付いてくる先生らしき人を乗せたモーターボートも見かけました。

「(妹弟たちは)みんな健康で明るい子たちだったから、元気でいたらどんなことでも

出来ていたのにと思ってさ。これが悔しいのよ」よいう恵美子さんのお話しを
思い出しながら島を後に。
明日朝、帰京します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3180-26c64e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック