FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
東京大空襲・戦災資料センターでは、現在、2018年第1回特別展を開催中です。

センターのHPにはまだ情報が掲載されていないようで、twitterからの情報になります。

名前と顔と足あと
3月10日・失われた人々


会期:2018年2月24日(土)~4月8日(日)
会場:東京大空襲・戦災資料センター 1階
開館時間:12:00~16:00
休館日:毎週月・火曜
入館協力費:一般300円、中高生200円、小学生以下無料
主催:東京大空襲・戦災資料センター
企画・共同制作:霊名簿研究会

約3万名の被災者について記録された「都内戦災殉難者霊名簿」を元に、3月10日に亡くなった方々それぞれの当日の足取りを明らかにするものであるようです。
また、「家族の資料に見る 亡くなった人びと」コーナーでは、ご家族の協力を得て、亡くなった方々のお名前と顔写真を展示。
亡くなった方々の存在を浮き彫りにする展示ということで、犠牲者数ではなく、それぞれの犠牲者を名前のある一人の人間として浮かび上がらせるものとなるのでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3146-85cb7db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック