あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
3月10日東京大空襲から73年を前に、東京大空襲を語り継ぐつどいが開かれます。

東京大空襲を語り継ぐつどい
東京大空襲・戦災資料センター 開館16周年

日時:2018年3月4日(日)13:00開場 13:30開演
会場:ティアラこうとう(江東公会堂) 大会議室
定員:300名(当日先着順)
参加費:500円

講演:窪島誠一郎さん(無言館館主・作家)
「『東京大空襲』と私」

ハープ演奏:八木健一さん
東京大空襲への鎮魂歌「祈り・光へ」ほか

体験を語る:小林暢夫さん
「戦争“死語”となる日は・・・ 悲惨な空襲を語る」

センターこの1年の活動
新作証言映像作品の上映(証言者:竹内静代さん 旧城東区北砂で被災)
センターで学ぶ子どもたち
あいさつ:早乙女勝元(東京大空襲・戦災資料センター館長)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3145-347d4e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック