FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
保存の会公式twitterに三橋國民さんの訃報を見つけて愕然としました。
この方の死はやはり衝撃です。
ニューギニアの戦場体験をモチーフに造形作品を数多く生み出され、体験を語ってこられました。
2~3回観に行ったことがありますが、抽象的なものでも、何かとんでもないすごみがあるというのか、場面の空気が伝わるような気がしたものでした。
鎮魂というテーマは、慰霊という、死んだ者と生き残った者の関係ではなく、自分自身も半分死者として戦友と触れているような、なんともいえない重さがありました。

つい最近には、大阪の池田幸一さんが亡くなったという話も、保存の会事務局メンバーから聞いていました。
シベリア抑留経験者への補償を求めて訴え、闘ってこられた方です。
中之島証言集会では、ご自身の証言とともに、最後の締めくくりのメッセージを語っていただきました。いろいろと思うところがありながら、国を守るということに関する様々な考え方を受け入れ、一緒に考えようというメッセージを伝えてくださっていました。
昨年夏の千鳥ヶ淵が最後となり、今後あの8月23日の集まりにも何か変化があるのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

お元気だった方が急に遠出できなくなったとおっしゃるようになった今日この頃。
体験者の皆さんには、本当にお元気でいていただきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3139-093232da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック