あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
昨日、送迎だけのはずが話の誘導を頼まれたことで、考えたことについて。
送迎自体についても、うすうす感じていながら大きな道まで出てやっぱりタクシーがなかなか来なくてへこんだというのもありましたが。(行きは合流前に乗り場をチェックしていたのですが。エスコート不十分だとへこむのです)

相手の学生さんたちがどのくらいの知識を持っているのかというのもわからない状況なので、体験以外の当時の中国の情勢や、徴兵検査が19歳に引き下げられた辺りの話が入っても流しました。
最初の地図の説明で、一度歩いた工程を話してからエピソードを話すという説明を自らされたので、その前のちょっとした打ち合わせが伝わったのかと思っていたのですが。
話し始めてみると、さあようやくエピソードに行くか、と思ったらそこからまた一般的な話に戻るということを繰り返す流れで。それが確実に3回はありました。
前からこうだったんだろうか、と思っても、そんなに前のことは意外と知らないことに気づき。
ただ、11月の茶話会のときとは、脱線のパターンが違っていて、歳とともにどんどん回りくどくループするようになってくるものなのだろうか?それがけっこう短期間で進行するのだろうか?と思いました。

といいつつ、私も、これまでお話の中で聞いていないと思った背景などの部分は多少そのまま話してもらおうと思ったのもありました。保存の会のカメラも回っていたので。
印象に残るエピソードが3つ4つあるのですが、その時系列がこれまで何度か聞いていてもいまひとつつかめていなかったので、その辺の話がご本人の口から出るのならそれは記録しておこうというのがあったもので。
これは、何度か聞いているから出てくる発想ですね。
結局、全てが長引きすぎてよくわからなかったという状況になったわけですが。

何度か話すうちに出てくる新しい事実もあったりするので、その辺は常に探るというのはありますし、エピソードのみを語ってもらうということも、外野としては望むけれどご本人としてはそうでもないのかなというところもあります。
30分ぐらいで一通り経歴を話して残り30分でエピソード、とか、考えますが、それがうまくはいかないし、もしかしたらうまくいかせようというのが実体験をよくわかっていないということかもしれないし。
すっきりわかりやすく、とはいかないということまで含めて戦場体験の語りなのかと思い始めるともうだめなんだろうなと思います。

そういうわけで、正直私は仕切りは下手なほうです。
東京の茶話会の前、「もう、テーブルに着くのは無理」と思いました。ただでさえスタッフ不足でやらざるを得ないからやって、だからそのままフェードアウトとはならなかったのですが。
ずばずば仕切るというのは、自分はどんどんできなくなりそうな気がしています。
しかし、体験者の方も、伝わる話し方というものはイベントなどで会得していかれるものだとしたら、誘導してこうするのがよいというのを示すことも大切なのでしょう。

個人的には、かかわりが長くなってくるごとに、思い切りというものはすり減っていくものなのかもしれないと思うのですが、もともとがそうでどうにかましになったり戻ったりしているだけなのかもしれないとも思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3136-ff2262b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック