FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
北方領土の日です。
キャラバン再強化を謳うこのときになって改めて思うのですが、日本の現在の国内といえるところで、故郷を追われ、帰れない方々のお話はあまり伺ったことがない気がします。
数年前の今の時期、お話を伺う予定が流れたこともあったような。

北方4島で暮らしておられた方々は、1945年8月15日を境に故郷を追われ、今に至っても帰ることができずにいらっしゃるわけです。
やはり数年前、都庁で開催されていた北方領土問題の展示を見に行ったことがありました。
都内に移り住まれた方もいらっしゃるようで、証言パネルも展示されていました。
ある程度、コミュニティを維持して暮らしていらっしゃる場所もあるのでしょうか。
それとも、完全に散り散りになってしまったのでしょうか。

状況は違いますが、硫黄島に住んでいらっしゃった方々も、島が戦場になる前に本土に移住させられています。
そちらも、数年前に確か厚生労働省による証言を集める事業がありました。
硫黄島には、そこで戦死された方々のご遺族が遺骨収集を続けられているという現状も片方にあります。
沖縄のように戦闘に巻き込まれることはなかったものの、戦後73年が経とうという今になっても故郷に帰れない方々のことも覚えておくべきなのだろうと改めて思いました。

住民だったため、幼い子供の頃の体験という方もいらっしゃると思いますが、やはりみなさん、73年分の年齢を重ねられており、当時を語れる方も鬼籍に入られつつあるはずです。
これも戦場体験として、お話を伺う機会があればと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3125-5fea50db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック