FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「「沖縄で沖縄戦展」の夢」という記事でも書きましたが、今度は沖縄で沖縄戦展をやるというのが、保存の会の目標の1つになっています。
沖縄と本土の間に横たわる溝ゆえに、なかなか難しいどころか、そんな構想を口にするのもはばかられていたところでしたが。
昨年、沖縄・民間戦争被害者の会の協力による「沖縄の戦争展」と茶話会を行ってから、いくぶん現実味を帯びてきたように思います。
「沖縄・民間戦争被害者の会」主催という形で、保存の会が全面協力ならどうか?というのも1つの案として出てきていました。
保存の会としては、こういう場合以外でも、茶話会や戦争展を主催する団体に協力する形はやぶさかでないというか、推奨したいところですので。
とはいえ、おそらく保存の会が主体とならないと先に進まないだろうという状況はあるため、世話役の方や弁護団長の瑞慶山先生と打ち合わせるときは、これまでのように保存の会が準備をしていく形が前提となっている気がします。

そして、今年の沖縄関連イベントの開催時期を考える際に、東京での茶話会の後で、という話になりにくいのも、訴訟との関連があります。
イベントをやるなら、訴訟の決着前がよいだろう、というのがあるのです。
訴訟で弁論などが展開されている間に、広く沖縄戦のことを伝える展示や茶話会を行うのがよい、というわけです。
沖縄の戦争とはどんなものなのかを知るというのは、原告側・被告側(国)両方にとって必要なことではないかと思われます。どういう事実があったのか、どういう状況にあるのか、情報を多く集めることは、公正な判断を行うために本来重要なことであるはずですので。
情報が多いほうが、裁判を外から見る人にとっても、公正な判断が行われているかどうかを判断しやすくなると思います。

そういうわけで、意表をついていきなりゴールデンウイークという話のほうが10月以降よりも圧倒的に現実みがあるという状況なのですが。
この間の瑞慶山先生との打ち合わせでどういう話になったのか、まだよく聞いていないので、まずはそこから情報収集したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/tb.php/3118-0617693d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック